病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

手汗対策としての多汗症治療機器ドライオニックの効果とは?

スポンサーリンク

科学的に証明されているらしい

ドライオニックと呼ばれる家庭用の多汗症治療機器があります。

ドライオニックは、多汗症用の治療機器ですから、手だけではなく汗をかく色々な部位に対応できるようになっております。

ただし、手足用や脇の下用はオプションとなっておりまして別売設定です。したがいまして、手汗対策として使用する場合は手用のオプションも本体と合わせて購入する必要がありますね。

そしてドライオニックの手汗を抑えるメカニズムなのですが、電気分解による水素イオンの発生で汗腺からの発汗を抑えるという理屈だそうです。ドライオニックの効果については、科学的にも証明されているというお話です。

しかし、残念ながら日本の国内には販売ルートがなく、購入するにあたっては個人輸入を試みるか、輸入代行業者に依頼することになるでしょう。

個人差がある効果

ドライオニックの説明書によりますと、発汗を抑える効果は一日30分の治療を2週間程度続けることで現れてくると謳っております。一般的にも、説明書通りに2週間位から少しずつ効果が出てきたということです。

それでも、やはり歴然と効果には個人差があるようです。また、ワキガの原因でもあるアポクリン腺から汗が出てくる多汗症のケースでは、あまり効果がなかったという意見もあります。

本来はドライオニックには、副作用はないことになっているようですが、実際の利用者に中には、治療する時にリピリした刺激がキツく感じる方もいらっしゃいます。さらに言えば、機器の皮膚への刺激によってかぶれることもあるとのことです。

したがいまして肌の弱い方は、避けたほうがよいかもしれません。

完治は望めない医療機器

ドライオニックは、あくまでも症状を一時的に緩和させるための医療機器ということになりますので、手汗の完治をこの機器に望むことはできません。それに、症状が重度の場合は効果が実感できないとも言われております。

そして効果の持続性なのですが、治療を続けなければ数ヶ月くらいで元の木阿弥になってしまうということです。

また、ちょっと細かいことかもしれませんが、電源の問題があります。ドライオニックは、もともとアメリカの商品なんですね。そして、本体は専用電池しか使うことができません。日本の乾電池を使うためには、やはりオプションが必要となります。

個人輸入を試みた時、必要なオプションを全て揃えることができるかどうかという不安もあるように思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク