病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

日邦薬品の制汗剤「オドレミン」の手汗を止める効果とは?

スポンサーリンク

日邦薬品の制汗剤・オドレミン

手汗に限らず、多汗症や汗かきのような汗がたくさん出ることで悩まされている方たちに、広く使われている制汗剤があります。

それが、日邦薬品から提供されているオドレミンなんですね。

オドレミンは、皮膚から出る汗を抑える効果の高い制汗剤なのです。さらに言えば、オドレミンは、、市販の薬としても販売されておりますが、実は病院の皮膚科などでも処方されることの多い非常に知名度の高い制汗剤であると言えます。

もちろん、オドレミンの効果は手汗だけに留まらないで、脇の下や足などに使用しても効果を発揮してくれます。

オドレミンの使い方も、至って簡単なものがありまして、入浴後のさっぱりした状態の時に、汗をかきやすい該当部位に適切な量を塗るだけです。たったこれだけの治療で、出過ぎる汗を抑えることができるのであります。

ただし、さすがのオドレミンも効果には個人差があることも否定することはできません。また、汗を完全にコントロールできるわけでもありません。それでも、多くの方はその効果を実感していることは間違いのないところであります。

オドレミンの精神的な効果

手汗が増える要因には、精神的な緊張感や不安感の高まりがあります。その一方で、オドレミンは、非常に評判の良い制汗剤であることから、使う方に大きな安心感を与えることがあるんですね。

オドレミンを使うことで、手汗の心配が軽減されたことから緊張感や不安感まで緩和されたという方は少なくないのであります。

手汗に悩む方の中には、思い込みの強い人もおられますが、そんな方は、オドレミンを使うことで、汗が完全に止まったという極端な方まで実際に存在するのです。

“病は気から”ではありませんが、信じて使うとより大きな効果を得ることができるんですね。

塩化アルミニウム含有率は13%

オドレミンの効果には、個人差があることは前述した通りであります。この制汗剤で、大きな効果を得た方もいれば、そうではない方もいます。

そもそもオドレミンの効果は、配合されている塩化アルミニウムという成分に負うところが大きんですね。オドレミンの塩化アルミニウム含有率は13%でしかありません。

もし、オドレミンではあまり効果がないということであれば、病院の皮膚科などで塩化アルミニウム水溶液を処方してもらうと、もっと強い制汗作用を期待することができます

ただし、効果の強い分、副作用もまた強くなりますので、このあたりのことは、よく専門医と相談していただきたいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク