病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

多汗症でとめどなく流れ出る汗を止める手のひらのツボとは?

スポンサーリンク

止めるべきは噴出す大量の汗

多汗症で大量の汗が流れだした時、何よりも汗を止めることが非常に重要な緊急課題になってしまいます。

特に困るのは、顔から滝のように汗が流れ出る顔の多汗症でしょう。

顔から滝汗をかいていたら、仕事にも支障が出てくることだってあるはずです。特に接客業の方は致命的になりかねませんね。

このような状況下において有効となりそうなのは、全身の汗を止める効果を期待できるツボの存在ということになります。それでは、具体的に汗を止めることのできるツボにはどのようなものがあるのでしょうか?

即効性のある汗を止めるツボ

外出時にツボを押すことで、噴出す汗を止めるのであれば即効性が求められます。また、自分の手で刺激できる場所でなければ、あまり実用的とは言えません。

実は汗を抑えることのできるツボは、色々な場所にあるのですが、最も刺激を与えやすくて、さらには即効性のあるツボが手のひらに存在するんですね。

手のひらにあるツボであれば、いつでも簡単に刺激することができますので非常に重宝なツボと言えるでしょう。

汗を止める手のひらにあるツボ

手のひらには、汗を止める効果を期待できるツボが三ヶ所存在します。ただ、ツボ毎に汗を止める効果には違いがありますのでご注意くださいね。

手のひらにある、汗を止めるツボは下記の通りになります。

・後谿(こうけい)・・・手を握ってグーを作った時に、小指の横に膨らむ部分があるはずです。ここに位置するツボが後谿なのであります。

汗を止めるために後谿を刺激する場合は、親指やペンの先などで強く数回程度押してください。このツボへの刺激で、汗を止める可能性があるのです。

・陰げき(いんげき)・・・手のひらを上に向けた時、手首の内側にシワができますが、小指側のシワから指一本程度下に位置するツボが陰げきと呼ばれるツボになります。

院激を押すことで得られる、汗を止める効果は後谿よりも強いと言われております。

・合谷(ごうこく)・・・合谷は手のひらではなく、反対側の甲の方にあります。人差指と親指の骨が、合流する付近の窪みに位置するツボが合谷と呼ばれるツボになります。

合谷は、非常に押しやすいツボですし汗を止める効果だけではなく、頭痛や肩こりなどにも効果があることから万能ツボとも呼ばれておりますので、覚えておいて損のないツボだと思います。

効果には個人差のあるツボ押し

ツボ押しマッサージというのは、実は全てに人に必ず効果があるというものではありません。やはり効果には個人差があるんですね。したがいまして、いくらツボへの刺激を実行しても汗がちまらない方もいらっしゃると思います。

それでも、何かしらに費用の負担があるわけではありませんので、試してみる価値はあるのではないでしょうか?

ツボ押しマッサージの効果は、やってみなければ分からないというのが本当のところなのです。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク