病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

副交感神経を優位にして脇汗を抑えることのできる食べ物とは?

スポンサーリンク

脇汗を抑える食べ物ってある?

脇汗のことでお悩みの方は、脇汗を止めることのできる食べ物がないか調べることもあるかと思います。

残念ながら、脇汗を直接的に止めることができるような食べ物はありません。

しかしながら、間接的にであれば脇汗を止めることのできる食べ物は存在します。

そもそも脇汗は、交感神経が異常に活性化することでたくさんの汗が流れ出てしまうわけでありいます。それは、ストレスなどから自律神経のバランスが崩れて、ちょっとした事でも交感神経が過敏に反応するからなんですね。

ということは、交感神経を鎮めることができれば、脇から出てくる汗の量も抑えられることになります。

そして、自律神経は交感神経と副交感神経で構成されているのですが、この両者が同時に活動することはありません。、交感神経を鎮めるためには、副交感神経を活性化してあげればよいわけです。

実は、副交感神経を活性化して交感神経よりも優位にしてくれる食べ物があるんですね。要するに、副交感神経を活性化してくれる食べ物が脇汗を抑えることのできる食べ物ということになります。

副交感神経を活性化する食べ物

副交感神経を活性化する食べ物としましては、下記のようなものをあげることができます。

・豆腐屋や豆乳、そして納豆などの大豆製品
・緑黄色野菜
・きのこ類
・小魚
・海藻
・ゴマ
・酢


上記の食材を見て、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、要するに和食が副交感神経には良いということになりますね。

さらに言えば、主食である白米よりも玄米のほうが良いと言われていますので、無理でない方は切り替えてみてはいかがでしょうか?

和食中心の食べ物というのは、脂質の少ない食事内容になっております。脂質は脇汗を増やす原因になりますので、この面から言っても和食は望ましいのであります。

汗をかきやすい食べ物を避ける

食べ物の中には、汗をかきやすくしてしまう食べ物があります。もし日頃の食事内容を振り返った時、汗をかきやすくするような食べ物が含まれているようであれば、そんな食べ物はできるだけ控えるべきですね。

具体的に、汗をかきやすくしてしまう食べ物は、油物や脂質の多い肉類、そして乳製品などをあげることができます。また、辛いものを筆頭にした刺激物やカフェインの含まれているものもいけませんね。

これらの、汗をかきやすくしてしまう食べ物を控えることで脇汗の量が減る可能性があります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク