病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

少しの運動で流れ出す滝汗!汗かきは代謝がいい証拠ですか?

スポンサーリンク

汗かきの人は代謝がいいの?

少しの運動で、たくさんの汗をかいてしまう方たちがいらっしゃいます。

いわゆる汗かきと言われる人たちのことですね。

運動をすることで、たくさんの汗をかくということは、なんとなく代謝がいいように見えますよね。実際に汗をかきやすい人の中には『汗をかきやすいので、自分は代謝がいい』と発現する方もいらっしゃいます。

しかしながら、汗をたくさんかくからといって、それは代謝がいい証拠というわけではないのです。汗をかきやすいから代謝がいいと思っている方は、代謝のことを誤解していることにあんりますね。

そもそも代謝とはなんですか?

そもそもの話、代謝というのは体の中でエネルギーの消費活動が行なわれることです。そして代謝がいいというのは、体内で行なわれているエネルギーの消費活動が正常に行なわれていることを意味しているのであります。

いかがですか?代謝の定義の中に、汗は出てきませんよね。要するに、代謝と汗をかくという現象の間には、なんの関係もないんですね。全然無関係ということになります。

汗をかくことは大切なことです

汗をかくことと代謝には、なんの関係もないのですが、だからと言って汗をかかなくても良いのかということになりますと、それは間違いです。汗をかく機能というのは、体温を調節するためにも非常に重要な役割があります。

もし、汗をかかなかったら体温調節することができなくなってしまいますからね。

そして代謝なのですが、当たり前のお話ではありますが、体内におけるエネルギーの消費活動である代謝が行なわれますと、熱が発生します。エネルギーを消費するわけですから当然ですよね。

代謝によって生み出された熱は、体の外へと放出する必要があります。汗をかくというのは、熱を体外へと放出することでもあるわけです。

汗をかかないと弱まる汗腺機能

人間の体というのは、運動不足などで汗をかかない状態が続いてしまいますと、熱の放出作業を行っている汗腺の働きが弱くなってしまいます。そんな状態が、さらに続いてしまうと最後には汗をかけなくなってしまうこともあるんですね。

汗をかかない状態を放置するということは、低代謝状態になってしまう可能性を大きくしえつぃまいます。

汗をかくということは、代謝が良い証拠ではありませんが、汗をかくことで汗腺を刺激することは非常に大切なことなのであります。

汗をかくことで汗腺に刺激を与え、活性化させることは代謝能力を低下させないためには非常に大切な意味を持っているのです。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク