病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

緊張することで増える発汗量!汗を止めるリラックス改善法

スポンサーリンク

緊張することで起きる発汗

皆さんは、緊張する場面で手に汗をかいたことってありませんか。

何も多汗症やあがり症と言われる方たちではなくても、緊張することで手に汗をかくことは、けっして珍しいことではありませんよね。

もちろん、緊張することによって出てくる汗の量というのは個人差があるのは言うまでもありません。それでも、緊張することで発汗量が増えることは間違いのないことだと言えるでしょう。

ということは、逆を言えば緊張状態の真逆であるリラックスした状態を意識的に作り出すことができれば、汗を止めることができるということになりますね。

ところで、何故ゆえに緊張すると汗をかいてしまうのでしょうか?この発汗メカニズムを知ることで、ご自身の汗を止めることのできるリラックス改善法を見つけることができるかもしれませんね。

緊張と不安に反応する自律神経

人間は、緊張感や不安感に襲われると自律神経が刺激されて全身に緊急事態の発生を知らせることになります。分かりやすく言えば、戦闘時における臨戦体勢に入るということですね。

別の例えをあげるとすれば、羞恥心に囚われた時に全身を襲うカーっと熱くなる体感などがあります。このような状況下では、筋肉の収縮によって汗をかきやすい状態にあるんですね。

汗の本来の目的は、体温調整にありますが、実は身体的な緊張状態でも汗をかいてしまうのであります。

発汗を促す自律神経の交感神経

自律神経は、交感神経と副交感神経で構成されておりますが、発汗に関わっている神経は交感神経の方になります。

交感神経は、人が活発に活動する時に活性化する自律神経です。そして副交感神経は交感神経の反対で、人の休息時に活性化する自律神経なんですね。

前述した通り、汗本来の目的は体温調節のためのものですから、体温が上がり過ぎないようにすべく働いてくれます。したがって、必要以上に汗をかかないのが本来の姿なのです。

副交感神経活性化で汗を止める

気温が上昇しているわけでもないのに、あるいは運動しているわけでもないのにたくさんの汗が出てしまうということであれば、それは自律神経のバランスが崩れて交感神経が過敏な状態になっているということになります。

交感神経と副交感神経は、両者が同時に活性化することはありません。したがいまして、交感神経が過敏に反応して汗をかいているのであれば、リラックスすることによって副交感神経を活性化することで交感神経を鎮めることができます。

リラックスできる方法というのは、人ぞれぞれで違ったものになるはずですので、ご自身にあったリラックス法を見つけることができれば、汗を止めることができるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク