病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

汗をかくシーンで威力を発揮する塩化アルミニウムの汗止め効果

スポンサーリンク

汗止め効果の塩化アルミニウム

汗を止めることに関しては、抜群の威力を発揮する薬があります。

それが、塩化アルミニウムと呼ばれる制汗剤なんですね。

塩化アルミニウム液は、多汗症用の治療薬として皮膚科などの行けば処方してくれます。また、塩化アルミニウムが配合されている制汗剤のテノール液やオドレミンであれば、ドラッグストアなどでも購入することができます。

ただし、塩化アルミニウムは多汗症などの病気を根本から治すための治療薬ではありません。一時的に制汗剤を使うことで汗を抑えているだけなのです。したがいまして、いくら使う続けても完治することはありません。

刺激の強い塩化アルミニウム

塩化アルミニウムが汗を抑えるメカニズムというのは、塩化アルミニウムが汗管細胞に干渉して管を閉鎖してしまうんですね。汗管が閉鎖されますと、当然のことながら汗を分泌ができなくなるわけであります。

そしてこの塩化アルミニウムは、非常に刺激の強い薬剤でありまして、用量や用法はしっかりと医師の指導に基づいて使う必要があります。刺激の強い薬剤だからこそ、医師の処方必要になるわけですね。

その一方で、塩化アルミニウムが配合されているテノール液やオドレミンという商品は、塩化アルミニウムの配合率が市販レベルに耐えられるくらいまで濃度が下げてあるわけです。

したがって、普段から肌が荒れやすい人はできるだけ濃度の薄い市販薬から使った方がよいでしょう。そして市販薬では効果がないということであれば、皮膚科などで専門医と相談するべきですね。

もちろん、面倒でなければ最初から皮膚科に行くべきではあります。

副作用のある塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは、非常に制汗作用の高い化学物質であることから、非常に刺激の強い薬でもあります。そのために、副作用が現れてしまう方も少なくありません。

少なくとも、日頃から敏感肌や乾燥肌と自覚している方の使用は控えるべきだと思います。仮に使った場合の副作用ですが、「かぶれ」「痒み」「ただれ」「灼熱感」「皮膚の違和感」などが考えられます。

したがいまして、塩化アルミニウムの使用は皮膚の上部を自認している方に限られると考えた方がよいでしょう。

塩化アルミニウムを使用しても、結局は一時しのぎでしかないわけですから、汗を抑えるためには継続して使い続けるしかありません。患部に、副作用の症状を抱えてまで使うものではけっしてありません。

絶対に無茶な使い方はしないでいただきたいと思います。塩化アルミニウムを使用する場合は、用法用量の厳守は絶対です。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク