病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

肩こりや五十肩を改善する効果のあるビタミンeのサプリメント

スポンサーリンク

トコフェロールとトコトリエノール

13の種類があるビタミン類の中の一つにビタミンEがあります。

このビタミンEは1922年のアメリカにおいて、ハーバート・エバンス氏とキャサリン・ビショップ氏というお二方が発見したと言われている脂溶性ビタミンの一つになります。

そしてビタミンEには、トコフェロールとトコトリエノールという二つの種類がありまして、世間一般でビタミンEと言われているのはトコフェロールの方になります。

一方のトコトリエノールはと言いますと、1950年代に入ってから新しく発見されました。皆さんもスーパービタミンEという言葉を見聞きしたことがあるかと思いますが、このトコトリエノールがスーパービタミンEなのであります。

それでは、なぜトコトリエノールがスーパービタミンEと呼ばれるようになったのでしょうか?

トコトリエノールは、一般的にビタミンEと呼ばれているトコフェロールの効果はそのままに、そしてそれ以上に様々な効果を併せ持っていることから、トコトリエノールがスーパービタミンEと呼ばれるようになったのであります。

ビタミンEが持っている効果とは?

ビタミンEが持っている最大の特徴と言いますと、それはなんといっても高い抗酸化作用ということにになるでしょう。人間の体内に活性酸素がありますと、当たり前のことではありますが、酸化が進んでしまいます。

もっとハッキリ言いますと老化が進んでしまうんですね。そして。活性酸素の存在は生活習慣病の原因にもなったりして、身体を蝕んでしまうんですね。それに対してビタミンEを体内に取り込むと、活性酸素を除去することができるのであります。

またビタミンEは、男性ホルモンや女性ホルモンに対しても代謝を促進する働きがありますので、生殖機能に関わる器官の癌発生や更年期障害を抑制する可能性を大きくしてくれます。

さらに言えば、血管の拡張作用や血行促進という効果もありますので、ビタミンEの摂取は血行不良を原因とする肩こりや五十肩にも効果があるということになるのです。

ビタミンEが含まれる食材って?

ビタミンEが豊富に含まれる食材としましては、アーモンドやピーナッツなどに代表される豆類や植物油、イワシ、ウナギ、カボチャ、ホウレン草などをあげることができます。

またビタミンEは、脂溶性ビタミンですから調理の方法としましては、炒めものにすると吸収率が高くなります。

ビタミンEの一日における摂取量の目安としましては、大体のところ100~300ミリグラムと言われております。また、上限としましては600~800ミリグラムと言われておりますので、過剰摂取にはお気をつけいただきたいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク