病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

肩こりや五十肩の症状を改善するメコバラミンの効果とは?

スポンサーリンク

メコバラミンはビタミン12の一種

皆さんは、メコバラミンってご存知ですか?あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、メコバラミンはビタミン12の一種なのです。

ビタミン12と言いますと、メコバラミン以外にはアデノシルコバラミン、シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミンなどがありまして、全部で4つの種類があります

またビタミン12は1948年に発見されたのですが、最後に発見されたビタミンでもあるのです。言ってみれば、最も新しいビタミンということになるかもしれませんね。

活性型ビタミンB12のメコバラミン

ビタミン12の中で活性型なのは、メコバラミンとアデノシルコバラミンになります。しかしメコバラミンとアデノシルコバラミンを比較した場合、メコバラミンの方が人体の中で活用しやすい活性型のビタミン12なのであります。

またメコバラミンは、直接的に末梢神経へと作用する性質がありまして、タンパク質やリン脂質から構成される末梢神経の体内における生成を促進してくれるのです。

そんなことからメコバラミンは、痛みや損傷が起きている末梢神経を補正してくれる働きがあるのです。

悪循環で悪化する肩こりや五十肩

肩こりや五十肩の発症メカニズムは、下記のような流れを例にあげることができます。

【長時間、同じ姿勢を続ける】
  ↓  ↓  ↓  ↓
【筋肉が収縮して硬化する】
  ↓  ↓  ↓  ↓
【血管が圧迫され血行不良となる】
  ↓  ↓  ↓  ↓
【筋肉の硬直で末梢神経が傷つく】
  ↓  ↓  ↓  ↓
【痛みという症状が現れる】

女医機の流れの中で、【筋肉が収縮して硬化する】→→→【痛みという症状が現れる】は、悪循環されることになります。この流れ断ち切るためには、何かしらの対処が必要なのです。

肩こりや五十肩に効果があります

メコバラミンの効果には、損傷した末梢神経や痛みを緩和させるというものがあります。この効果を利用することで、肩こりや五十肩の発生で起きている悪循環の流れを断ち切ることができる可能性があるのです。

肩こりや五十肩は、放置することで自然治癒することはありませんので、メコバラミンの摂取という改善方法を試してみるものよいのではないでしょうか?メコバラミンには、肩こりや五十肩の症状を改善する効果を期待できます。

メコバラミンが含まれている食材

メコバラミンが含まれている食材と言いますと、レバーやイワシ、そして牡蠣などに含まれているのですが、しかし損傷している末梢神経を修復するために必要となる量を食べ物だけで摂取することは、なかなか困難なものがあります。

ということでメコバラミンという成分の摂取についてはサプリメントなどを活用するべきです。したがいまして、日常的な食生活からもメコバラミンの摂取をしながらサプリメントでも補うと良いでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク