病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

健康を左右する枕の存在!肩こりを防ぐおすすめの枕と選び方

スポンサーリンク

健康を左右する枕の存在

枕というものは、私たちの毎日の生活において必ず接することになります。

何しろ、睡眠中は必ず枕にお世話になりますからね。そんな枕ですが、実は人間の健康にも大きな影響を与える存在でもあるのです。

質の良い睡眠を取れるかどうかは、枕にも大きく影響されてしまいますから、ある意味当然と言っても良いかもしれませんね。

特に、合っていない枕を使っていたりすると、肩こりや首こりといってような症状が出てしまうことがあります。ということで枕は、健康を左右しかねない大切な人間のパートナーなのです。

就寝時の姿勢を左右する枕の存在

皆さんが活動時間帯に、心がけて良い姿勢を保つ努力を続けたりしても、就寝時に使う枕が合っていない場合、結局は悪い姿勢になってしまうわけです。

また、毎日ストレッチ体操を行って肩こりの予防に努めていたとしても、合わない枕を使うことで就寝時の姿勢に問題があったりしますと、やはり肩こりや首こりという症状が現れてしまいます。

それほど、就寝時の姿勢も肩こりの予防や健康には大切なことなのであります。それでは、悪い姿勢にならない枕とはどのようなものなのでしょうか?

肩こりを防ぐおすすめの枕と選び方

枕というのは、当たり前のことではありますが、高すぎても低すぎても問題があります。また、枕の中身の材質も快適な睡眠を確保するためには重要な要素になります。

家具屋さんなどで販売されている枕を拝見しますと、マットレスなどの材質にもなっている低反発ウレタンフォームで作られている枕も販売されております。しかしながら、材質が低反発ウレタンフォームの枕は高さが変わらなかったりします。

人間の就寝時というのは、寝返りを打つわけですから、頭部の高さは変化するんですね。このような寝返りを打った時の高さの変化に、対応できない枕は、あまり良い枕とは言えません。

ということで、3枕の材質としておすすめなのは、そばがらであったり、あるいはストロー材のように頭部の高さの変化についていけるような材質でできている枕なのであります。

もし、肩こりでお悩みということであれば、枕の専門店などで自分に合った枕を選びようにしたいものです。

できれば、枕のことだけではなく睡眠についても専門の知識を有しているピローフィッターがいるショップで相談しながら枕を選択できると、さらに自分に合った枕を手に入れることができるでしょう。

時折、専門家気取りだけの販売員もいたりするらしいので、お気をつけいただきたいと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク