病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

オフィスでもできる肩こりを解消できるストレッチのやり方

スポンサーリンク

肩こりの原因となるデスクワーク

同じ姿勢を続けなければならない長時間のデスクワークを仕事にしている方にとって、やはり首や肩のこりというのは頭痛の種だと思います。

長時間にわたって同じ姿勢を続けるということは、首や肩周辺の筋肉を緊張させることになって首こりや肩こりの原因となってしまいます。

このような首こりや肩こりを防止するためには、作業の合間に適度な休息を入れる必要があります。そして休憩は、ただなんとなく過ごすのではなく、やはりストレッチ体操などを行うことで、積極的に首こりや肩こりの防止や解消に務めるべきでしょう。

首や肩のこりを悪化させてしまいますと、他の病気の原因となってしまいますからね。頚椎ヘルニアや五十肩などになってしまいますと、それこそ治療で大変な思いをすることになりかねません。

ということで、ここでは肩こりを防止するため、あるいは肩こりを解消することを目的としたストレッチ体操についてご説明します。

肩こりを解消できるストレッチ体操

肩こりの防止や解消するためのストレッチには、下記のような方法があります。

(1)両方の指を組んでください。
(2)そのまま両腕を頭の上に上げます。
(3)手のひらを上に向けてください。
(4)少し後方に向かって腕を伸ばしましょう。
(5)手のひらを外側に伸ばします。
(6)手のひらを前方にも伸ばしましょう。

以上の方法が、肩こり防止や解消に効果のあるストレッチ体操になります。この体操のコツとしましては、少々下を向くようなイメージで、背中を丸めるようにして行うことです。

もう一つの肩こりに効果のあるストレッチ体操には下記のような方法もあります。

(1)両手を後ろに回して指を組んでください。
(2)上記の姿勢を維持しながら上方に向かって腕を伸ばしましょう。

たったこれだけの動作なのですが、この方法もまた肩こりには効果があるのです。このストレッチ体操も、例えオフィスであってもそれほど人目を気にすることなく実行できるのではないでしょうか?

ユーチューブ上には、肩こり解消に効果のあるストレッチ体操が色々とアップされていますので、ご自身でやりやすいものを何通りか覚えておいて実行することをオススメします。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク