病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

肩こりを解消するために冷やすケースと温めるケースの違い

スポンサーリンク

肩の状態で異なる肩こり対処法

肩こりが酷かったりしますと、何かしらの方法で改善する努力をされるかと思います。

まさかそのまま放置して、悪化させるなどということはありませんよね。

そんな肩こりを改善しようとして、患部を温めようかなとか、あるいは冷やそうかなと考えることもあるでしょう。ところで、肩こりという症状を改善するためには温めたほうが良いのでしょうか?それとも冷やすべきなのでしょうか?

それは患部の状態によって、対処の仕方は異なったものになります

肩こりを温めて解消するケース

様々な原因で肩こりになるわけですが、そんな原因の中には血行不良によって引き起こされるケースがあります。例えば、オフィスワークのように長時間にわたって同じ姿勢を取り続けたりしますと、血液の流れが悪くなって肩がこるようになってしまいます。

また、日常的に悪い姿勢で過ごしていたりしますと、身体的に歪みが出てきてしまうことがあります。そうすると、やはり血行不良となって肩こりになってしまうことがあるのです。

このような肩こりの原因となる血行不良は、温めることで改善することができます。ということは、血行不良が原因の肩こりは、温めて改善するということになります。温める場所としましては、肩や肩甲骨が該当します。

肩こりを冷やして解消するケース

もし患部となる肩周辺に熱がある場合、炎症が発生している可能性があります。炎症を鎮めるためには、熱を取り除く必要がありますから、このような場合は、患部を冷やしてあげるべきなんですね。

患部から炎症が治まってからら、通常の肩こり対策を施すようにするべきでしょう。肩関節で炎症が起きると、肩関節周囲炎(要するに五十肩んことです)になってしまいますから、ご注意いただきたいと思います。

冷やす温めるを交互に行う方法

肩こりを改善する方法の一つに、患部を冷やす温めるを交互に施すという方法があります。具体的には、冷水によるシャワーと温水によるシャワーを交互に浴びせるという方法があります。

また、ドライヤーの冷風と温風を使って交互に実行するという方法もあります。こちらのほうが、簡単にできるかもしれませんね。

ただし、冷やしたり温めたりする方法というのは、痛みに対する対症療法的な処置の一つでしかありません。根本の原因に対処していることにはならないんですね。

肩こりを根本から改善するためには、姿勢の問題を解決したりストレッチ体操を日常生活の採り入れるなどの工夫が必要になります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク