病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

子供の視力低下の原因となるスマホのやり過ぎで緊張する毛様体筋

スポンサーリンク

スマホのやり過ぎで低下する視力

今はまさに、スマホ全盛時代といった感があります。何しろ最近では、このスマホのやり過ぎから“スマホ中毒”なる言葉まで生まれてしまいましたからね。

そしこのスマホならぬスマートフォンなのですが、あの小さな液晶画面を見続けることが目に良い影響を与えるはずがありません

そして昨今、スマートフォンの利用を続けていると、視力が低下してしまうと世の中では囁かれているわけであります。それでは実際に、スマートフォンを利用することで、視力は低下するのでしょうか?

スマホで視力低下するって本当?

スマートフォンの利用で、視力が本当に視力が低下するのかと言えば、その答えはYesであり、そしてNoでもあるんですね。

スマホ全盛の前は、ガラケーとも呼ばれるガラパゴス携帯が全盛だった時代もありました。

あの当時の携帯電話は、スマホと比べて液晶画面が非常に小さなものだったわけですが、そのことで全ての人が視力低下に見舞われたかと言えば、けっしてそのようなことはなかったわけです。

ということで、スマホの使いすぎだから視力が低下したという“スマホ悪者説”は、やはり誤った物の見方だと言うべきだと思います。

スマホが目に与える影響とは?

かなりな近距離で液晶画面を凝視することになるスマートフォンの操作は、結果として眼球周辺の硬直化させてしまいます

この状態で、視線を他の物に写した時というのは眼球周辺の筋肉が正常に働いてくれませんので、視力の低下を体感してしまうわけであります。このような状況というのは、使用対象物がスマホでなくても起きることですからね。

また、スマートフォンを操作する姿勢にも問題があります。スマートフォンを操作する時というのは、多くの人が前屈みとなって同じ姿勢で液晶画面を見続けてしまいます。

そうすると、どうしても血行不良を起こす可能性が高くなってしまうんですね。体全体の血液循環が悪くなるわけですから、当然のことながら眼球周辺の血流も悪化することになります。

血流の悪化は、新鮮な酸素を送り届けることができないことを意味しますので、やはり視力に影響が出てしまうわけであります。

目に最も悪影響のあることって?

目の最も悪影響のある要素というのは、近距離のものを長時間にわたって見続ける行為なのであります。このような状態を続けるということは、視力を調節している毛様体筋に負荷を与え続けることでもあるのです。

毛様体筋への過度な負荷は緊張状態を招き、結果として視力が低下してしまうわけですね。ということで、スマートフォンを操作する場合は、目にも適度に休憩を与えてあげて遠くの物をみるなどするべきでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク