病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

疲れ目や眼精疲労、そして視力回復にも効果のあるマッサージ

スポンサーリンク

視力低下を防止できるマッサージ

身体的な不具合を改善する方法の一つにマッサージがありますが、実は視力回復にも効果があるのです。

そもそも目の周辺には、疲れ目や眼精疲労、そして血行不良に効果のあるツボがありますので、目の周辺をマッサージするということは、これらのツボも刺激することになります。

その結果として、視力回復や視力低下の予防という効果も得られるわけですね。

当然のことながら、目の周辺をマッサージたからと言って低下した視力が速攻で元に戻るわけではありません。毎日継続的にマッサージを続けることで、少なくとも視力の低下は防げるであろうということなわけです。

マッサージで得られる効果とは?

目の周辺には視力を回復させる効果のあるツボや眼精疲労に良いと言われるツボがあると言われております。さらには、血行不良を改善するというツボも存在します。

これらのツボをマッサージすることで刺激されると、一時的にではあっても視力を回復することができます。そもそも視力が低下するのは、毛様体筋などの目の周辺にある筋肉が緊張状態に陥ることで引き起こされるわけです。

目の周辺をマッサージすることで、強張って機能の低下した毛様体筋などの筋肉をほぐしてあげることができます。マッサージの一番の目的は、緊張状態にある筋肉をいかにしてほぐしてあげるかにかかっているのです。

蒸しタオルを使いましょう

目の周辺をマッサージするにあたって、マッサージをより効果のあるものとするためにおすすめなのは、蒸しタオルを活用するという方法になります。

マッサージを行う前に、蒸しタオルを使って目の周辺を温めてあげると、それだけでもかなり血液の循環を良くすることができます。血液の循環が良くなるということは、それだけでも毛様体筋にとっては緊張状態をほぐすことができますからね。

以上のことから、蒸しタオルとマッサージの併用は大きな効果を期待できるでしょう。

マッサージのやり過ぎにご注意を

目の周辺をマッサージするということは、確かに目には良い効果が得られます。だからと言って、たくさんマッサージをすれば良いというものではありません。

ツボへの刺激を押すにしてもなぞるにしても、マッサージのやり過ぎは非常に薄くできている目の周辺の皮膚にシミなどの悪い影響が出てくる可能性もありますので、ご注意いただきたいと思います。

何事もやり過ぎは逆効果ですから、マッサージも程々にしておきましょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク