病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

薬に頼らないでも治るの?うつ病の治療に効果のある運動療法

スポンサーリンク

最近、うつ病の治療には運動療法が非常に効果があるという考え方が広がりつつあるようです。運動療法の先駆けはアメリカです。アメリカでは、うつ病患者に対して積極的に運動療法を取り入れているそうです。

そのために、專門の運動療法士もしっかりと存在しているんですね。振り返って我が国日本の現状はいかがなものなのでしょうか?実は、残念なことに日本では、まだまだ專門の運動療法士というのは少ないのが現状です。

運動療法はご自身で工夫をしましょう

うつ病の症状の改善を目的に運動療法を治療に取り入れるためには、ご自身で工夫するしかありません。心療内科でも、具体的に運動療法の指導をしてくれる医師は少ないと思います。うつ病の症状改善を目的に運動をする場合、次のようなものを上げることができます。

【うつ病の治療に効果のある運動療法】
(1)ストレッチ体操
(2)筋力トレーニング
(3)有酸素運動


それでは、個々にご説明してまいりたいと思います。

うつ病の症状を改善するストレッチ体操

うつ病を発症しますと、身体的に様々な症状が出てまいります。その中でも、よくみられがちなケースとしては、肩や首のこり、腰痛などの関節痛などを上げることができます。

これら、肩や首のこり、腰痛などの症状はストレッチ体操で改善することができます。ただし、こえらの症状をストレッチ体操で改善しても、崩れた自律神経のバランスを改善することはできません。

対処療法的な治療となるストレッチ体操

ストレッチ体操は、対処療法的な治療で、一時的に改善しているに過ぎません。したがいまして、あくまでも抗うつ薬で、うつ病の根本的な治療を続けながら、ストレッチ体操で一時しのぎをするということになるでしょう。

こりや関節痛を改善するために行うストレッチの方法は、ユーチュブの画面で“肩こり ストレッチ”という感じで検索していただければ、具体的なやり方の動画が出てきますので、ご参照ください。

※こちらに続きます。
>>うつ病の症状を改善したい!筋トレにはどんな効果があるの?<<



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク