病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

近視が始まった子供の視力が下がり続けるとどうなるの?

スポンサーリンク

仮性近視から始まる近視の生活

小学生が学校で実施される健康診断で、視力の低下を指摘されるとすれば、先天的な弱視以外、それは多くの場合、仮性近視ということになります。

仮性近視とは、まさにその名が示す通り“一時的な視力の低下”を意味するわけでありまして、一時的とは言え、それをそのまま放置してしまいますと症状は固定化してしまい“真性近視”なってしまいます。

それでは、仮性近視と真性近視を比較した場合、何が違うのでしょうか?

視力低下の初期である仮性近視

仮性近視の原因と言いますと、近くのものを長時間にわたって見続けることで、目に疲れが溜まって視力が一時的に低下してしまう症状のことです。

その昔、部屋の明かりが電球だった時代は、勉強するにあたっても明るさが充分であったとは言えずにそれが視力低下の原因と言われておりました。

その後、蛍光灯の普及で明るさは確保されたものの、マンガやテレビ、そしてゲームなどが原因で視力の低下が始まり、そしてLEDとなった現代では、スマートフォンやパソコンの影響で視力の低下が始まってしまいます。

このような視力低下の初期段階は仮性近視の状態にありますので、生活習慣を改善して原因を取り除くことができれば、視力の低下を防ぐことは可能ですし、視力回復トレーニングの実施など、個人の努力で視力を回復させることはできます。

症状が固定化した状態の真性近視

視力低下の初期段階で、生活習慣の改善を行うことなく放置してしまいますと、近視の状態が固定化して真性近視となってしまいます。

症状が固定化した真性近視になってしまいますと、低下した視力は簡単に回復させることはできません。真性近視となって厄介なところは、何と言っても視力の低下が止まらないことです。

子供視力が下がり続ける事態を想像すると、親の立ち立場としては恐ろしい物がありますよね。そのままの状態を放置することで、視力が下がり続けると0.1以下まで悪化するにもそれほど時間はかからないでしょう。

そうなると、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正しないと、1メートル先程度のものまで見えなくなってしまいます。

したがいまして、学校で視力の低下を指摘された場合は、放置しないで仮性近視のうちに必要な対応を親がとってあげるべきです。

小学生の子供、自らが積極的に動くことはできませんからね。お子様の大切な目を守れるのは、やはり親御さんだけなのであります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク