病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

子供の視力回復にレーシック手術という方法のリスクって?

スポンサーリンク

実績のあるレーシック手術ですが?

レーシック手術と言いますと、今の時代は視力を回復させる方法としては、過去の実績から一般的にも広く認められるようになりました。

そのために、費用も安くなってレーシック手術を実際に受けようと考えた時、そのハードルはかなり低くなったと言えるでしょう。

しかし、その一方でやはり何人もの角膜感染症を発生させてしまった衛生面で問題のあるクリニックが存在したり、レーシック手術の後遺症に悩む患者さんが集団訴訟を起こしたりする現実をみますと、リスクの面で心配になってしまいますよね。

そんなレーシック手術ですが、子供は受けることができるのでしょうか?

子供はレーシックを受けられるの?

結論から言ってしまえば、クリニックによって多少の違いはあるにしても、18歳未満もしくは20歳未満の人は、基本的にレーシック手術の不適合者ということになっております。

それでは、なぜ子供はレーシック手術の不適合者ということになってしまうのでしょうか?

多くの場合、近視は生活環境に大きく影響を受けて子供の頃から視力の低下が始まります。そして一度視力の低下が始まりますと、それにストップをかけることができるケースというのはほとんど見られないというのが実情なのです。

要するに近視の始まった子供たちは、成長期が終わるまで視力の低下に歯止めが掛からないのであります。

そんな状況を鑑みた時、仮にレーシック手術を受けることで視力を回復したとしても、手術後に近視の進行が止まっている保証はないのです。

というよりも、恐らく近視は進行してレーシック手術が無駄になってしまう可能性が高いということになります。これでは、高いお金を出して手術を受ける意味がありませんよね。

さらに言えば、レーシック手術は人によっては再手術できない方もいらっしゃいます。ということで、レーシック手術は子供が受けるのはリスクが高過ぎると言わざるを得ません。

話は近視の進行が止まってからです

上記でも述べている通り、子供はレーシック手術を受けるにはリスクが高過ぎるわけですが、年齢にかかわらず近視の進行にストップがかかった方でないと、無駄になる可能性が高いということになります。

人によっては、20歳を過ぎても近視が現在進行形で視力が低下しいる方もいらっしゃいます。通常は、クリニックがレーシック手術を受ける前のカウンセリングで、指摘するはずですが間違っても、そんな方が手術を受けないでくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク