病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

遠視や乱視、そして老眼も回復できるレーシックの最新手術

スポンサーリンク

近視以外にも対応できるレーシック

視力の問題ということになりますと、何と言っても近視ということになります。

何しろ、高校生での近眼率は60%にも上るというデータもあるくらいですからね。

そしてレーシックの手術なのですが、当然のことながら需要を考えれば近視への対応が圧倒的に多いわけであります。

そうすると、レーシックの手術は近視にしか対応していないのではないかというイメージを持っている方が多いかもしれませんね。

しかしながら、レーシックの技術も急速に進化を遂げているわけでありまして、遠視や乱視、そして老眼にも対応できるようになっているのであります。

できないこともあるレーシック

当然のことながら、遠視や乱視、そして老眼は特殊なケースということになりますので、レーシックを実施している全てのクリニックで対応できるわけではありません

したがって、遠視、乱視、老眼の方がレーシックの手術を希望する場合は、クリニック選びで苦労するかもしれませんね。

また、レーシック手術は万能というわけではありませんから、強度の近視、遠視、乱視を矯正することはできないこともあります。

レーシックで老眼を矯正できるの?

老眼に対するレーシック手術は、老眼を回復させるという意味合いではなく、人為的に不同視の状態を作り出してしまうという理屈だそうです。

要するに、片方の目を近場用の視力にして、もう一方を遠方用にするということです。近場用の目には、特殊なレンズを眼球に挿入することになりますので、通常のレーシック手術とは手法が異なったものになります。

健康保険が適用されないレーシック

レーシックの手術に対しては、健康保険は適用されません。したがって、レーシック手術は自由診療ということになりますので、美容整形手術など同様に価格の設定はクリニック側の考え方次第ということになります。

上記であげているような、遠視や乱視、そして老眼のような特殊なレーシックの手術ということになりますと、かなり高額な価格設定となっている可能性もあります。

もし、特殊な視力回復手術を本気で検討するということであれば、クリニックのことを過去の実績や金額てきなことを事前に調べて、よく検討するする必要があるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク