病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

健康保険適用外のレーシックは医療保険の手術給付金は出るの?

スポンサーリンク

健康保険が適用されないレーシック

レーシック手術は、厚生労働省から承認されていない治療であることから自由診療となっておりまして、社会保険や国民健康保険の適用対象とはなりません。

そのため、レーシック手術は全額が自己負担となってしまうんですね。

レーシックの手術を受けるにあたっては、安いところでは10万円を切るようなクリニックも存在しますが、評判のよろしいクリニックや大手の病院ということになりますと、やはり20万円くらいは覚悟する必要はあるでしょう。

健康保険の効かないレーシックの手術で、20万円の全額負担ということになりますと、やはりかなり痛い出費ということになりますよね。

それでは、いくらかでも取り戻す方法はないのでしょうか?

医療保険の手術給付金は出ますか?

皆さんの中には、医療保険の加入されている方もいらっしゃるかと思いますが、これらの保険からは手術給付金は出るのでしょうか?

医療保険は、出る保険と出ない保険があります。目安としては、2007年4月以前の契約であれば、出る可能性の保険と言えます。それ以降の加入であれば、恐らく出ないと考えてよいでしょう。

これは、2007年4月に各保険会社が契約条項の改定を行ったからなんですね。実は当時、レーシックの手術を受けて手術給付金を受け取るとすぐに解約する人が急増したからなのです。

もちろん、ご自身の契約内容は契約書でしっかりと確認してからご判断くださいね。

確定申告で医療費控除を申告する

年間の医療費の合計が10万円を超えますと、確定申告で医療費控除の申告をすることができます。仮に、レーシックの手術で発生する費用が20万円であれば、間違いなく確定申告できるはずです。

また、医療費控除の対象となるのはレーシック手術で発生した医療費だけではなく、その年に発生した全ての医療費と通院の交通費も対象となります

したがって、レーシックの手術を受ける年は、全ての医療費の領収書やドラッグストアなどで購入した薬のレシートもとっておく必要があります。

細かい作業になって大変かもしれませんし、地区の税務署まで足を運ぶ必要がありますが、少しでもレーシック手術でかかった費用を補いたいのであれば、コツコツと努力をしてみてくださいね。

ただし、自治体によっては医療費控除の対象とならないところもあるそうですので、無駄骨にならないように、事前にお住まいの自治体か税務署に問い合わせをしてみてください。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク