病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

レーシックを比較すると角膜手術の術式によって違いのある料金

スポンサーリンク

術式が分かれているレーシック手術

レーシックと一言で言ってしまいますと、なんだか一つの術式しかないようにも思えるかもしれませんね。

しかしながらレーシックの手術には、いくつかの術式に分かれているのであります。

レーシック手術の術式は、けっして一つに種類のみが存在するわけではありません。それでは具体的に、どのような術式が存在するのでしょうか?

評価の高い二つのレーシック術式

ここでは、評価の高い二つのレーシック手術の術式についてご説明させていただきますが、当然のことながら、良い術式はやはりそれなりに費用の高いものとなってしまいます。

・イントラレーシック
・エピレーシック


それでは、個々に見ていくことにしましょう。

イントラレーシックによる手術

イントラレーシックと言いますと、『レーシックを超えたレーシック』の謳い文句でよく広告を掲載しているクリニックをネットなどでも目にすることがあります。

一般的に行われているレーシック手術では、フラップは医師によってマイクロケラトームと呼ばれる特殊な超小型金属メスで作られることになります。

それに対してイントラレーシックでは、マイクロケラトームを使わないで、コンピュータ制御のレーザーであるイントラレースレーザーでフラップが作られます。

イントラレースレーザーは、コンピュータで制御されていますので、人間の手で作られるフラップよりもはるかに精度の高いものを作ることができます

マイクロケラトームによって作られるフラップは、角膜の断面が荒くなるという弱点がありましたが、イントラレーシックではその弱点も克服されているわけです。

ただし、精度の高いフラップを作ることから、その分一般的なレーシックよりも手術に要する時間は長くなります。

ちなみにイントラレーシックで必要となる費用は、片目で20万円くらいが平均的な数字となっております。

エピレーシックによる手術

エピレーシックでは、エピケラトームと呼ばれる器機を駆使して角膜上皮だけでフラップが作られることになります。そのために、一般的なレーシックでは手術が不適合と判断されてしまう角膜の薄い方でも手術を受けることができます。

エピレーシックで手術を受けますと、時間の経過とともにフラップは剥がれ落ちることになり、新たな角膜上皮が再生されます。

そんなことから、仮に強い衝撃を眼球に受けたとしてもフラップがずれるようなことはありません。要するに、スポーツをやられている方に向いているということですね。

さらに言いますと、他のレーシックの術式よりも視力が安定していると評判です。

ちなみにエピレーシックで必要となる費用は、片目で16万円くらいが平均的な数字になっております。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク