病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

評判の良いオサート治療の口コミや体験談って現実はどう?

スポンサーリンク

今話題となっているオサート治療

今の時代、最も実績を上げている視力回復法と言えば、レーシック手術ということになると思います。

しかしレーシックは、どうしても角膜をメスなどで削ることになりますので、やはり失明に対する恐怖心を拭い去ることができない方もいらっしゃるでしょう。

レーシック手術のように、角膜を削ってしまったら、もう後戻りはできませんからね。

そんなことから、角膜を削ることなく視力を回復することができると、今、話題となっている治療法があるのです。それが、オサート治療なんですね。

オサート治療による視力回復法は、角膜を削る代わりに就寝時に特殊な角膜矯正用のコンタクトレンズを装用することで、日中の活動時間帯の視力を裸眼で確保してしまうという優れ物なのであります。

それでは実際に、オサート治療を体験された方の口コミや体験談にはどのような感想があるのでしょうか?

オサート治療の口コミと体験談

『視力を回復させる治療としては、レーシックがよく知られていますが、どうしても角膜を傷つけるというイメージがありますので躊躇するところがあります。レーシック手術を受けたら、後戻りできませんからね。

でも、オサートだったら寝る前にコンタクトを付けて、起きた時に外すだけですから、治療に対する恐怖心味あわなくてすみました』

『初診の検査で、オサートレンズのテスト装用を体験したのですが、度の入っていないレンズなのに、ハッキリと視力が回復していたのにはビックリしました。

30分くらいのテスト的な装用だったのですが、しっかりと効果を体験することができました。』

良い点ばかりではないオサート治療

オサート治療は、かなり良いイメージのお話が先行して広がっているように思いますが、しかしオサート治療は、けっして万能というわけではありません。

やはりそれなりにマイナスポイントもあるわけです。具体的に言えば、オサートレンズは就寝前にオサートレンズを装用する必要があります。

考えてみてください。外でお酒を飲んで帰宅した時も、寝る前にオサートレンズを付けなければならないのです。要するに、視力を維持するためには一生寝る前にコンタクトを付ける必要があるということです。

このことを面倒だと思える人には、オサートは向いていないということになります。

またオサートは、レンズのフィッティング次第では裸眼になった時の見え方に差が出てしまうこともあるのです。

そしてコンタクトレンズの装用ということになりますから、定期的な目の検査も必要となります。これらのことを充分に考慮した上で、オサートを検討するべきですね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク