病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

目が悪い人がメガネをかけないと近視はさらに進行するの?

スポンサーリンク

目が悪いのにメガネをかけない人

目が悪いのにもかかわらず、よく見えないのに無理をしてメガネをかけない人たちがいます。

その人たちの主張は、メガネをかけると余計に近視が進むということなんですね。

目が悪い人がメガネをかけると、本当に近視は余計に進むのでしょうか?それって、どこかの都市伝説みたいなもので、本当のことではありません。

目が悪い人がメガネをかけないと、視力の低下に加速がついてドンドン悪化させることになるでしょう。それでは、なぜ目が悪い人がメガネをかけないと近視は進行してしまうのでしょうか?

メガネなしで近視が進行する理由

目が悪いのにメガネをかけていない人というのは、実は見えにくいものを無理に見ようとして目が疲れてしまうんですね。目が疲れるということは、眼球に関わっている筋肉が緊張状態を強いられることになります。

その結果として、余計に視力が低下してしまうわけですね。

特に、成長期にある子供は、近視による視力の低下が始まりますと、ただでさえ視力が低下しやすい状態にあります。

そこにさらにメガネをかけないで、目に負担をかけることになるのです。これでは目も、たまったものではありませんよね。視力の低下を加速させたくなければ、メガネを使用するべきです。

メガネの対処は早めにしましょう

前述した通り、目が悪い人がネガネなしで生活していますと、見えないものを無理して見ようとします。その結果、目に疲れが溜まって余計に視力を低下させてしまうおです。

物が見えにくくなったと感じたら、早めにメガネをかけるようにしましょう。特に気をつけた方がよいのは、車を運転する人たちです。車の運転は、それ自体が非常に目を酷使する行為でもあります。

そんな時、見づらいのを我慢して運転をしていますと、さらに目は疲れやすくなりますし、車間距離の感覚にもズレが生じる可能性があります。そうすると、事故を起こしやすくなってしまいますので、早めの対処をするようにしてくださいね。

コンタクトレンズを使うという方法

メガネがどうしても性に合わないということであれば、コンタクトレンズを使うという方法もあります。ただ、目にかかる負担はメガネよりもコンタクトレンズの方が大きいので、できればメガネの使用をおすすめしたいところです。

それでも、進歩医療技術が進歩した今の時代には、かなり高性能なコンタクトレンズもありますので、一昔前よりははるかに使い勝手はよくなっています。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク