病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

眼鏡とコンタクトレンズではどっちが目に良いのでしょうか?

スポンサーリンク

コンタクトよりも目に良い眼鏡

コンタクトレンズと眼鏡を比較した場合、目に与える影響から考えた場合は、やはり眼鏡の方が目に良いと言えるでしょう。

なぜコンタクトレンズの方が目に悪い影響があるのかといいますと、目にかかる負担が大きいからなんですね。

何しろ、いくら高度医療器具とは言いましても、所詮、コンタクトレンズという存在は、目にとっては異物ということになります。目に異物が入っているということは、目を傷つける原因になりますし、また目が乾燥しやすくなってしまいます。

目が乾燥しやすいということは、ドライアイなどの眼病を発症する可能性がでてくるわけです。

時間制限のあるコンタクトレンズ

コンタクトレンズは制限時間無しで使えるわけではありません。レンズの種類によって装用可能な時間が決まっているのです。

時々、無茶な連続装用をする方がいますが、それこそ目を傷つける原因となりますので、お気をつけいただきたいと思います。

その点、眼鏡には使用時間に制限があるわけではありませんので、そういう意味でもメガネの方が安心して使うことができますね。

手入れが大変なコンタクトレンズ

コンタクトレンズは、当然のことながら目に中に入れるわけですから、眼鏡のように単に着けたり外したりすれば良いというものではありません。

ワンデータイプの使い捨てコンタクトでない限り、しっかりとしてレンズの手入れは必須ということになります。

レンズをいい加減に扱ってしまいますと、目の中で雑菌繁殖の原因となって結膜炎のような炎症を起こして、何かしらの眼病を発症する危険性もあるのです。

コンタクトより安全に使える眼鏡

眼鏡を使ったからと言って、目を傷つけたり、あるいは眼病になることはありません。例えそれが、眼鏡を雑に扱うことがあってもです。

ということで、安全性を考えればコンタクトレンズよりも眼鏡の方がはるかに安全であると言えます。

ただし、時折度数の合っていない眼鏡を無理に使っている人たちはいたりしますが、このような行為は視力を低下させる大きな原因となってしまいます。

眼鏡は、しっかりとご自身の視力の状態に合わせたものを使いましょう。安いからと言って、合わない眼鏡を無理して使わないようにしてくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク