病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

アスペルガー症候群の認知の歪みを修正して治療する認知行動療法

スポンサーリンク

認知の歪みを修正して治療する

うつ病などメンタル疾患の治療において、用いられる方法の一つに認知行動療法があります。

この認知行動療法は、実はアスペルガー症候群の治療でも効果をあげている方法なんですね。

アスペルガー症候群の治療で施される認知行動療法では、患者さんが行動するその背景を本人に確認を取りながら歪み、要するに問題となっている行動を修正していくことになります。

アスペルガー症候群の治療において、特効薬ともいうべきものが存在しているわけではありません。

しかし、この認知行動療法による治療を受けて、認知の歪みと言いますか、問題のある行動を修正することで、アスペルガー症候群独特の症状を大きく改善することが可能なのであります。

認知行動療法の具体的な治療の流れ

人間の行動というものには、必ずハッキリとした理由があります。それは例え、アスペルガー症候群の患者さんであっても同じでありまして、その考え方に基づいて患者さんに行動の理由を明確にしてもらいます。

この明確となった理由に問題点が見つかった場合、何が問題だったかということを本人に時間をかけてでも、じっくりと認識してもらうことで、アスペルガー症候群特有の問題ある行動を少しずつ減らしていくことになります。

上記でも述べている通り、じっくりと時間をかけて本人に問題点を認識してもらうことになりますので、認知行動療法による治療は非常に時間を要する方法でもあります。

しかしながら、患者さんが問題点を理解することができるようになりますので、その効果は絶大なものがあるのです。

ところで、なぜ認知に歪みが生じるのでしょうか?

認知に歪みが生じるのはなぜ?

アスペルガー症候群の患者さんが、あることに対する認知、要するに感じ方なのですが、そこに歪みという問題が発生する理由は色々なケースがあります。

自分が生まれてから育ってきた環境にも影響を受けますし、当然のことのように人間関係にも影響されます。これらのことが原因となって、その人の考え方や感じ方は確立されていくわけです。

一度確立されてしまった認知、要するに考え方や感じ方に修正を加えていくことは非常に難しいものがありますが、本人がそれを望むのであれば時間を要する作業ではありますが可能なのであります

アスペルガー症候群の患者さんに対して行われる認知行動療法は、非常に効果のある方法ですので、ぜひとも試してみるべき治療方法だと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク