病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

一括りにはできない種類がある自閉症とその具体的な症状とは?

スポンサーリンク

知能指数が70以上の高機能自閉症

単に自閉症と言いましても、それほど単純に一括りにできるものではありません。

自閉症にも種類があるわけで、しかもその種類には明確な境界線が引かれているわけではないのです。自閉症の症状だって、まさに千差万別といった感じですからね。

しかし、自閉症の中でもある程度の線引ができるものもあります。具体的に言いますと、自閉症の中でも、知的能力に劣ることのない“高機能自閉症”と呼ばれる自閉症があります。

ちなみに高機能自閉症は、知能指数が70以上とされております。

高機能自閉症の特徴って?

前述した通り、高機能自閉症の人は健常者と比較しても知的能力は劣ることがありません。そのために、かえって障害の存在が判断しにくいという側面を持っております。

そんなことから、周りの人たちからは『空気が読めない奴』とか、『気が利かない奴』などと誤解されてしまうことが少なくありません。

高機能自閉症といいましても、結局は自閉症ですから、程度の差こそあれコミュニケーション能力には欠けているのであります。

また、高機能自閉症は、アスペルガー症候群と同じであると言われることもあります。

知能指数が70以下の低機能自閉症

高機能自閉症は、知能指数が70以上の自閉症です。それに対して、知能指数が70以下という自閉症の種類があるんですね。

それが、低機能自閉症なのであります。自閉症患者の中で低機能自閉症患者が占める割合は70%程度と言われております。

自閉症患者の言語発達状況については、個人差がありますが会話の成立が難しいという共通点があります。

また低機能自閉症は、“カナータイプ”とか“カナー症候群”などと呼ばれることもあります

驚異的な能力を示すサヴァン症候群

自閉症の中には、知的能力に関わることもなく、ある限られた分野の中で驚くべき能力を発揮することがある“サヴァン症候群”と呼ばれる自閉症もあります。

サヴァン症候群の人が発揮する特殊能力を具体的に言いますと、カレンダーを見ることなく過去や未来の曜日を問われるままに回答するという能力を現すことがあるのです。

限られた世界であっても、その分野に関してはまさに天才ということになりますね。

行政のサポートを受けられる自閉症

高機能自閉症やアスペルガー症候群は、知的能力に問題がないことから、なかなか障害とは認められてこなかった過去があります。

しかしながら、2004年に施行された発達障害者支援法によって、高機能自閉症やアスペルガー症候群は、ようやく障害と認定されて行政のサポートを受けられるようになりました

ただ、高機能自閉症やアスペルガー症候群の発症メカニズムに関しましては、解明はまだまだこれからと言ったところでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク