病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

自閉症はオキシトシン点鼻薬による薬物療法で治るのですか?

スポンサーリンク

自閉症の症状を改善できる薬物療法

自閉症を根本から治すことができるような、いわゆる特効薬のような薬は今現在、存在するわけではありません。

ただし、ある程度症状を改善する効果がある薬であれば、それなりにあります。

具体的に言いますと、自閉症の特徴でもあります、コミュニケーションを取ることができないとか、パニックを起こす、そして問題のある行動をするというようなものを薬で改善することは可能であると言えます。

注目されるオキシトシン点鼻薬

上記で述べているような自閉症特有の症状を改善する効果があることで、最近注目を集めている薬があります。それが、オキシトシンと呼ばれる点眼薬なんですね。

オキシトシンは、自律機能の調節を行っている総合中枢であるところの脳の視床下部で作られているホルモンの一種です。

そしてこのオキシトシンは、もともとは子宮の収縮であったり、あるいは母乳の分泌を促進する作用があることで知られた存在でした。その後、愛情や信頼という感情を持つことに深く関与していることが分かってきたのであります。

オキシトシン点鼻薬の効果って?

相手の気持を理解することができないけれども、それなりに高い知能を持っている自閉症の患者さんに対して、オキシトシンを投与すると話をしている最中に笑顔を交えるなどの、人の気持を認識できるようになるということです。

また、意思の疎通が難しい知的障害も重度の患者さんに対して、オキシトシンを投与することで何とか意思の疎通をとることができたという事例もあるとのことです。

ただし、オキシトシン点眼薬は、やはり特効薬ではないので全ての自閉症の患者さんに効果があるわけではありません。それでもオキシトシン点眼薬の研究にかかる期待は大きいのであります。

薬事法で認められないオキシトシン

オキシトシン点眼薬は、実は日本の薬事法では自閉症治療の薬として承認されている薬ではないんですね。

したがって、もしオキシトシン点眼薬を使おうと考えた場合は、海外から個人輸入する方法しかないというのが実情なのであります。

そんなことから、病院ではオキシトシンを使うのではなく、リスパダール、ピモジド、リタリン、などの薬が処方されたりします。

上記にあげている薬は、うつ、強迫観念、妄想などの症状を抑制したり、緊張感や不安感を鎮める効果があります。これらの薬を活用することで、療育や教育が受けやすくなるということですね。

ただし、こちらの薬もやはり全ての自閉症の患者さんに効果があるわけではないというのが現実です。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク