病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

自閉症の赤ちゃんに現れる症状の特徴には何がありますか?

スポンサーリンク

先天性の脳機能障害による発達障害

時折、自閉症のことを精神障害と勘違いしている人がいます。

そしてその勘違いしている人たちの人数は、けっして少なくないように見えるのですが、そういうところから、自閉症に対する偏見が生まれてくるのかもしれませんね。

自閉症は、先天性の脳機能障害によって引き起こされる発達障害でありまして、病気というわけではありません。

当然のことながら発達障害ですから、親の育て方に問題があったり、あるいは生活環境に影響を受けた結果でもないわけです。

ハッキリと言わせていただきますと、自閉症という発達障害を負いながら生まれてきてしまったということであります。

しかしながら、生まれてきた赤ちゃんが自閉症かどうかを判断することは、非常に難しいものがありまして、仮に1歳という年齢を迎えたとしても明確に判断することはできないのです。

それでも、やはり何かしらの兆候が現れるようであります。それでは具体的に、どのような症状が現れるのでしょうか?

自閉症の赤ちゃんに現れる症状

自閉症の赤ちゃんには、下記のような症状が現れてまいります。

・視線を合わせようとしない
・抱っこしたりあやしたりしても笑うことがない
・バイバイなどの動作を真似ることがない
・ちょっとしたことでも大泣きをする
・光や音に対する反応が過敏である
・名前を呼んでも反応がない
・指差しをすることがない

上記の中でも、特に赤ちゃんが視線を合わせようとしないケースでは、自閉症の可能性が高いと言われております。もちろん、赤ちゃんにだって大きな個人差がありますから、一概に決め付けるわけにはまいりません。

また、赤ちゃんを抱っこしても笑わないようであれば、自閉症だけではなく何かしらの病気が潜んでいる可能性もあります。

当然のことながら、全項目に該当するようであれば、自閉症の可能性は決定的に高くなってしまいます。その反対に、該当する項目が一つや二つ程度では自閉症と判断することはできません。

正確な診断は3歳を過ぎてからです

自閉症をある程度正確に診断できるようになるのは、赤ちゃんも3歳を過ぎてからということになります。仮に3歳の時に自閉症と診断されたとしても、脳が完成する10歳くらいまでに改善される可能性もあります

したがって、もし3歳の時に自閉症と診断されたとしても、パニックにならないでしっかりとご自身の子供と向き合っていただきたいと思います。

ちなみに自閉症は圧倒的に男児に多く、5人に4人は男児です。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク