病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

自閉症の子供に対する親としての接し方は、どうしたらいいの?

スポンサーリンク

何よりも自閉症の特徴を理解する

もしご自身の子供が自閉症と診断されてしまったら、何よりも大切なことは自閉症と呼ばれる障害のことを徹底的に理解するということです。

自閉症という障害の症状について、その特徴を理解していなかったら、子供と接することができなくなってしまいます。

しかし、親として子育てから逃げることはできません。親は子供にとって最後の砦ですから、必ず守ってあげてくださいね。

また、自閉症の症状は百人百様とも言われておりますので、共通する特徴を理解した上で、尚且つご自身のお子様の特徴を見極めながら、より理解を深めていただきたいと思います。

その深い理解があってこそ、ご自身の子供に対して適切となる療育や教育の環境を整えることに繋がるはずです。そしてそれが、子供の将来の可能性を広げることにもなるわけであります。

自閉症の子供への接し方とは?

自閉症の子供への具体的な接し方としましては、下記のような方法を例としてあげることができます。

・伝えたいことがある時は、言葉だけでは難しいものがありますので、イラスト、言葉カード、写真などの視覚訴えるようにしましょう。

・何かを覚えさせる必要がある時は、やはりイラストや写真を駆使して知っ買うに訴えることで理解させるようにしましょう。

・床にテープを貼ったり、あるいはマットを敷くなどの工夫で、食事をするエリア、遊びのエリア、勉強するエリアなどに区分けして、その目的に沿った空間で行動させる。

・自閉症の子供は、同時進行での情報処理ができません。したがって、情報処理は一つ一つ、着実に実行できるようにしましょう。

・自閉症の子供は、時間の概念が理解できません。ということで、時間割を作ってあげて何をいつまでのこなさなければならないか教えてあげましょう。

・やはり時間の概念が理解できないわけですから、時間と場所を決めて遊ばせてあげてくださいね。また、できれば遊びなが学習させてあげましょう。

・好きなコトや興味のあることが浮上してきたら、それを重点的にやらせてあげてください。

・悪いことをした時は、即その場で指導してあげましょう。

・家庭でコミュニケーションや学習に問題がある場合は、養護学校に行かせるようにしましょう。

自閉症の子供に接すると、否が応でも悪いところが目につきますので、それを治そうと先走ってしまいがちです。しかしそうではなく、良いところを伸ばしてあげる方が大切なんですね。

お子様が見せる症状の程度に合わせてあげて、根気よく、そして一つ一つ、さらには否定的な言葉を使うことなく接してあげていただければと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク