病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

緊張状態に陥ることから現れる赤面症に効果のある漢方薬とは?

スポンサーリンク

交感神経と副交感神経のバランス

赤面症で顔が赤くなるのは、自律神経を構成する交感神経と副交感神経のバランスが乱れることが大元の原因であると考えられるわけであります。

ということは、逆に言えば交感神経と副交感神経のバランスを取ることができれば症状は改善されることになります。

そんなことから赤面症の薬物療法では、抗うつ剤や坑不安薬が使われることになるんですね。それ漢方薬の中には、交感神経と副交感神経のバランスを整える効果のあるものはないのでしょうか?

赤面症に効果のある漢方薬

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)・・・漢方薬の中にも、自律神経を調整する効果のあるものがあります。自律神経を調整することができる代表的な漢方薬が“半夏厚朴湯”なのであります。

この半夏厚朴湯には、目眩や動悸、そして吐き気などの症状を伴う不安神経症に効果があると言われております。

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)・・・柴胡加竜骨牡蛎湯には、精神的な不安感から生じる動悸を伴う神経症に効果があると言われております。

半夏厚朴湯と柴胡加竜骨牡蛎湯は、上記で述べているような効果から赤面症の症状も改善できると考えられているのであります。

あるべきものが不足している状態

赤面症というものを東洋医学の立場から見た場合、人の前に出た時に陥る精神的な緊張感や不安感は、あるべきものが不足していることによって引き起こされる感情ということになるそうです。

具体的に言いますと、精神的な不安定な状態というのは、あるべき血液が不足することから生じるというもの、そして顔が火照ってしまうのは、水分不足から現れる症状ということになります。

東洋医学では、これらの症状を改善する効果のある漢方薬が処方されるのであります。

漢方薬を処方する病院もあります

赤面症の治療で病院に行きますと、一般的には抗うつ剤や坑不安薬などが処方されることになります。しかし、病院の中には積極的に漢方薬を処方するところもあったりします。

もし、赤面症の治療で漢方薬を希望するのであれば、病院に相談してみてください。漢方薬を処方してくれるかもしれませんからね。

漢方薬を服用するにあたっては、注意すべき点もあります。そもそも漢方薬での治療というのは、体質改善を図ることで自然治癒力を高めて身体的な不調を治すことになるわけです。

体質を改善するためには、やはりある程度の時間が必要となってしまうんですね。時間をかけて治療する漢方薬の特徴は、服用する前に理解しておいた方がよいでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク