病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

子供のころに発症することの多いてんかんの原因って何?

スポンサーリンク

てんかんの原因と言いますと、人それぞれで一概に決め付けることはできません。

ただ、それでも原因がある“症候性てんかん”に関しましては、過去における脳の損傷や大脳の形成障害であったり、あるいは先天性脳腫瘍などに大別することができます

脳が損傷する代表的な症例

過去における脳の損傷ということになりますと、その代表的な症例として出産する時の脳障害をあげることができます。側頭葉てんかんの多くの原因は、出産時の仮死状態が関わっていると考えられております。

傍から見れば、何の問題もなく順調に成長しているように思えても小学生時代に、てんかんの発作を起こすようになるケースが、圧倒的に多いのであります。

上記のような事例以外には、細菌やウィルスが脳に感染することで引き起こされる「髄膜炎」や「脳炎」、そして発症すると何日も高熱が続く「はしか」や「突発性発疹」も脳を損傷させてしまうことがあります。

大脳の形成障害が起きる症例

大脳の形成障害が起きる代表的な症例としましては、限局性皮質異形成と呼ばれるケースをあげることができます。母親の胎内にいる赤ちゃんの脳の形成が活発化するのは、妊娠の時期が8週目~16週目にかけてです。

このような時期に、大脳において皮質の完成度が不充分だったりしますと、部分的に大脳皮質における細胞の構築に乱れが生じることで、神経細胞が入り乱れることがあるのです。

その結果、大脳の形成障害が起きてしまうわけであります。

先天性脳腫瘍が引き起こされる原因

先天性脳腫瘍は、脳腫瘍や血管腫などが原因となって引き起こされます。脳腫瘍や血管腫は、多くの場合、母親の胎内にいる時の大脳形成時に生じます。このような腫瘍は血腫は、脳からしてみれば異物ということになります。

脳にとっては異物である腫瘍や血腫という存在は、やはり脳を刺激することになって、てんかんにの発作を起こす可能性が出てきしまうわけであります。

ただ幸いなことに、先天性脳腫瘍や血管腫というのは悪性腫瘍と異なり、大きく成長して脳を圧迫するようになる事態はほとんどありません。これだけは、救われますね。

原因不明のてんかんがあります

てんかんの中には、原因が不明のものもあります。例えば、MRIやCTを駆使して徹底的に検査をしても脳の異常を発見できないことがあるんですね。

このような、ハッキリと原因が分からないことから発作性障害を“特発性てんかん”と言います



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク