病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

虫歯や歯周病の存在が細菌を増殖させて悪化する口臭

スポンサーリンク

細菌の増殖を招く虫歯と歯周病

虫歯や歯周病の存在が口臭を悪化させる原因になることは、多くの方がご存知のことと思います。

人間の口の中には、細菌が何千万といるわけですが、虫歯ができていたり、あるいは歯周病を発症していたりしますと、これらの細菌を増殖させることになります。

虫歯を治療しないで放置してしまいますと、口の中の細菌が減ることはありません。また歯周病は、仮に発症しても初期の段階では自覚できないこともあって、さらなる細菌の増殖を招く事態となってしまいます。

口臭の最大の原因は細菌にあります

口臭の最大の原因は、細菌の増殖にあります。それなのに、口の中に虫歯ができていたり、あるいは歯周病を発症していたりしますと、口臭予防のために細菌を減らそうとしても、増殖の後押しをすることになるんですね。

ということで、虫歯や歯周病の存在が口臭悪化の引き金になることは間違いのないところなのであります。

口臭の原因を歯周病で疑ってみる

時折、しっかりとしたオーラルケアを実施して、虫歯もないのに口臭に悩まされているという方がいらっしゃいます。そんな時は、もしかしたら歯周病を発症している可能性があります。

口臭の原因が、虫歯ではなく歯周病にあるのかもしれないという可能性は考慮しておいた方がよいと思います。

いずれにしても口臭を改善すためには、その原因を明らかにする必要がありますね。

病気を治さないと改善されない口臭

虫歯や歯周病は、完治しない状態で存続している限り、口臭が改善されることはありません

したがいまして、もし虫歯ができていたり、あるいは歯周病を発症している方で、口臭にお悩みということであれば、虫歯や歯周病の治療を最優先で受ける必要があります。

また、今現在虫歯や歯周病がないという方でも、これらの病気の魔の手から逃れるためにも、しっかりと歯磨きの実践を心がけましょう。

正しい歯磨きは、虫歯の予防効果だけではなく、歯周病も予防してくれますからね。オーラルケアは、しっかりと実践して虫歯や歯周病を防ぎましょう。ひいてはそれが、口臭を予防することになりますからね。

口臭の予防は、あなた個人の努力次第ということになります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク