病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

クロロフィルなどの栄養を摂ることで改善できる口臭

スポンサーリンク

口臭を改善できるクロロフィル

口臭を改善できる栄養素というものがありまして、この栄養素を積極的に摂ることで口臭を予防することができます。

その代表的な栄養素がクロロフィルなんですね。クロロフィルは、別名で葉緑素(ようりょくそ)とも言われております。

クロロフィルとは、光合成を行う植物の細胞内に存在する細胞小器官である葉緑体に含まれている緑色色素で、光合成という生化学反応の中心的役割を担っています。

そしてこの植物や藻類に含まれる緑色色素のクロロフィルという栄養素なのですが、消臭や殺菌の効果があることが一般的にも知られております。

消臭や殺菌の効果があるということは、口臭の原因となる雑菌の増殖を抑える効果を期待できますし、血液んも流れを改善して皮膚や肺から漏れ出す嫌な臭いを消す作用も期待できるのです。

クロロフィルを多く含む食べ物としましては、「青汁」「緑茶」「ピーマン」「ほうれん草」「明日葉」「ニラ」などがあります。

唾液の分泌量を増やすアルギン酸っ

口臭を防止する効果がある栄養素は、クロロフィルだけではありません。2昆布に含まれている食物繊維の一種であるアルギン酸もまた、口臭の防止に有効となる栄養素なのであります。

スーパーなどに行きますと、おしゃぶり昆布という食べ物が売っていますが、これを口の中に入れておきますと唾液の分泌が促進されて雑菌を洗い流す効果がありますので、結果として口臭予防となるわけです。

その他の口臭予防となる栄養素

上記以外で、口臭予防の効果がある栄養素としましては、下記のようなものを例としてあげることができます。

・緑茶に含まれているポリフェノールの一種であるカテキン・・・カテキンには、殺菌作用がありますし、腸の中にいる善玉菌を育成するように働きかけてくれますので、口臭予防の効果に期待がかかります。

・ハーブ・・・ハーブには、殺菌作用や消臭効果がありますので、口腔内の雑菌の増殖を抑えたり、臭いニオイの成分を消してくれるでしょう。したがって、料理の食材として使ったり、あるいはハーブティーとして楽しむのも良いかと思います。

・梅やレモンに含まれるクエン酸・・・クエン酸には、殺菌と除菌に優れた効果を発揮してくれますので、口臭の原因となる雑菌の増殖を抑制するなどして口臭を予防してくれるでしょう。

・食物繊維・・・食物繊維を積極的に摂取すると、腸内環境を良くすることができます。腸内の環境が良くなりますと、悪臭の原因となるガスの発抑えることができますので、口臭の予防ができます。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク