病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

口臭の本当の原因と歯磨きなどで予防する方法とは?

スポンサーリンク

口臭予防の基本は正しい歯磨きです

口臭を予防するためには、その基本となるのは正しい歯磨きをしっかりと実践することです。

しかし、正しい歯磨きの実践だけでは、口臭を予防することはできません。口臭の原因となり得る要素を取り除いてこそ、口臭は予防することができます。

それでは具体的に、口臭を予防するためにはどのような方法を実践したら良いのでしょうか?ここでは、口臭を予防する具体的な方法を取り上げてみたいと思います。

口臭を予防する具体的な方法

日頃から口臭が気になるということであれば、下記のような方法を実践してみてはいかがでしょうか?

・正しい歯磨きの実践
・歯を磨く時に舌も磨く
・朝食は毎日食べること
・唾液の分泌を促進する
・ニオイの強い食べ物は控える
・ストレスを溜め込んではいけません

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・正しい歯磨きの実践・・・再三申し上げている通り、口臭予防の基本は正しい歯磨きの実践にあります。いい加減な歯の磨き方をしておりますと、口臭が強くなるだけではなく、虫歯や歯周病にもなりかねません。

歯磨きは、正しい方法で毎日しっかりと実践しましょう。

・歯を磨く時に舌も磨く・・・食事をすると、汚れるのは歯だけではありません。舌もまた、汚れが付着してしまうんですね。舌に汚れが付着して、舌苔ができてしまいますと、それが口臭の原因となってしまいます。

したがいまして、歯を磨く時に舌もしっかりと磨きましょう。舌を磨く時は、専用のクリーナーで舌が傷つかないように優しく磨いてくださいね

・朝食は毎日食べること・・・膵臓からは消化酵素をたくさん含んでいる膵液(すいえき)が分泌されているのですが、空腹な状態が続きますと、この膵液は消化に使われずに胃での分解が始まってしまいます。

膵液が胃で分解される際に発生するニオイは、かなりキツく、それが口臭となって流出してしまうのです。したがいまして、口臭予防のためには朝食を抜いてはいけません。

・唾液の分泌を促進する・・・口腔内の唾液の量が減って乾燥してしまいますと、雑菌が増殖して口臭が強くなってしまいますので、ガムを噛んだり水分を補給するなどして口の中の乾燥を防ぎましょう。

・ニオイの強い食べ物は控える・・・ニオイの強い食べ物は、ただ食べるだけでも口臭の原因となってしまいますので、口臭が気になる方は控えましょう。

・ストレスを溜め込んではいけません・・・ストレスを溜め込んでしまいますと、自律神経の交感神経が活性化されて唾液の分泌量が減ってしまうことがあります。

唾液の分泌量が減りますと口臭が強くなりますので、ストレスは溜め込まないようにしましょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク