病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

歯磨きをしているのに口臭が治らない時の対処法とは?

スポンサーリンク

プラークとなる歯磨きの磨き残し

歯磨きをしているのにもかかわらず、口臭が治らない時があります。それにはそれなりの理由があるはずです。

例えば、歯をしっかりと磨いているつもりになっていても、ただしい方法ではないために磨き残しがあって、それがプラーク(歯垢)となっている可能性があります。

そしてこのプラークは、口臭の原因となるのです。

歯磨きの実践だけでは磨き残しがあって、それがプラークとなってしまうようであれば、デンタルフロスや歯間ブラシを使うなどして食べかすなどが残らないようにしましょう。

また、正しい歯磨きやデンタルフロス、歯間ブラシなどを駆使してもプラークを完全に防ぐことができない場合もります。したがいまして、定期的に歯科医院でプラークの除去をお願いするようにしましょう。

口臭の原因となる口の中の病気

口の中の病気と言いますと、その代表的なものに虫歯があります。虫歯がありますと、そこに食べた物が詰まって雑菌が繁殖してプラークが溜まってしまいます。

このプラークは、口臭の原因になりますし、虫歯の進行を悪臭を発散させることになります。虫歯もまた口臭の原因になります。

そして口の中の病気は、虫歯だけではありません。歯周病や歯槽膿漏もまた、口臭の原因となります。このような、口の中の病気を防ぐためには、毎日根気よくオーラルケアに励む必要があります。

また、すでにこれらの病気になってしまっている場合は、自然治癒することはありませんから、歯科医院に行って治療してもらう必要があります。口臭を治すためには、早めに歯科医院にいきましょう。

口臭の原因となる病気があります

口の中に病気もなく、正しい歯磨きも行っているにもかかわらず、口臭が治らないということであれば、何かしらの病気を疑った方がよいでしょう。

身体に起きる病気の中には、口臭の原因となるものがあるんですね。具体的に言いますと、鼻や喉の病気である蓄膿症や扁桃腺、そして胃腸の病気である胃炎や十二指腸潰瘍、そして内臓疾患である糖尿病や肝臓病もあります。

また、呼吸器系の病気が原因で口臭が発生することもあるのです。さらに言えば、本当は口臭など発生していないのに、口臭がすると思い込んでしまう心因性の自臭症というものまであります。

ご自身の口臭が、どうしても気になるということであれば、歯科医院に行って相談してみましょう。

ところで、病院のなかには口臭外来を設けているところもありますので、こちらであれば歯科医院よりもさらに詳しく検査してくれますのでおすすめです。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク