病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

腎臓に負担のかかる塩分の過剰摂取!行き着く先は高血圧です!

スポンサーリンク

現代人の食生活を見た場合、やはり塩分の摂り過ぎという傾向にあるように思います。

本来は、塩分の過剰摂取は、腎臓に負担を強いることになりますので避けなければなりません。

ところで皆さんは、一日あたりの目安となる塩分摂取量は、どの程度のものなのかご存じですか?

一日の目安となる塩分摂取量

一日の目安となる塩分摂取量の目安といえば、厚生労働省が発表している資料にはその数値が掲載されております。それによりますと、成人男性で10グラム未満、女性で8グラム未満という数値になっております。

それに対して、現在の日本人がどのくらい塩分を摂取しているのかと申しますと、男性で12グラム、女性は10.3グラムという数字なんですね。やはりと申しますか、厚生労働省が提示している数値を考えれば、日本人は塩分の摂り過ぎという傾向にあることが分かります。

塩分を摂取するとどうなるの?

塩分を摂り過ぎると、なんとなく体に良くないというのは、皆さんも認識していると思いますが、それでは実際に塩分の過剰摂取状態が続きますと、どのような害が身体に起きるのでしょうか?

個人差はあるにせよ、塩分の過剰摂取による人体への悪影響というのは、まず考えるべきは高血圧のことです。もともと塩分を処理しているのは腎臓ですので、塩分の量が多ければ多いほど、それを処理する印象への負担は大きくなります。

その結果、腎臓では塩分を処理しきれなくなって、血液中のナトリウム量が増えてしまって高血圧になってしまうわけです。塩分の過剰摂取による腎臓の機能低下が始まりますと、腎臓と高血圧の間で悪循環が始まります。

腎臓の機能低下は高血圧を引き起こし、高血圧は腎臓を悪化させるという負のスパイラルですね。このような負のスパイラルは、どこかで断ち切る必要があるわけですが、それは塩分の摂取量を抑えるということになります。

塩分の摂り過ぎは、腎臓の大きな負担を強いているということをご認識いただきたいと思います。

※こちらに続きます。
>>塩分の過剰摂取が招く腎臓の悪化と高血圧の悪循環という負の連鎖<<



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク