病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

首がまっすぐな状態にあるストレートネックで現れる症状

スポンサーリンク

脛骨がまっすぐなストレートネック

人間の首の骨というのは本来、曲がった状態になっておりまして、その前湾角度は30度から40度程度と言われています。

ところが、この前腕角度が30度以下になっている人たちがいるのです。このような首の状態をストレートネックと言います。

私たち人間の首の骨が、このようなストレートネックの状態になってしまいますと、実に様々な異変が身体的に現れてまいります。それでは具体的に、ストレートネックになりますと、どのような症状が現れてくるのでしょうか?

負担が大きいストレートネック

人間の首の骨がストレートネックになってしまいますと、頸部にのしかかる負担は非常に大きいものがありまして、実に様々な異変が身体的に現れてまります。

ストレートネックの具体的な症状としましては、下記のようなものをあげることができます。

【ストレートネックの症状】
・頭痛
・頸部の痛み
・肩こり
・手の痺れ
・目眩
・吐き気
・自律神経失調症

上記の中でも、特に現れることが多い症状は、頭痛や肩こり、そして手の痺れとなっております。もちろん、ストレートネックで現れてくる症状は、一つに限定されているわけではありません。

いくつかの症状が、一気に表面化することもありますし、時間差で現れることもあるでしょう。

上記のような症状も、いずれか一つということであれば、頑張って我慢してしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、複数の症状がいくつかの症状が現れたりしますと、日々の生活にも大きな支障が出てくることもあるでしょう。

認知度が低いストレートネック

ところでストレートネックというのは、まだまだ一般的に広く知れ渡っている症状とは言えないわけでありまして、仮に上記のような症状が現れたとしても、それと気がつかない方が少なくありません

例えば、ストレートネックが原因となって頭痛や肩こりという症状に悩まされた時、頭痛薬の服用や肩こりの改善のためにストレッチ体操をしたりしても、一時的には良くなるかもしれませんが、根本的な治療になるわけではありません。

だからと言って、そのまま放置することになりますと、自然治癒することはないはずですから、症状は悪化の一途をたどる可能性が高くなります。

このようなストレートネックは、早めの治療が大切ですから、放置したりしないで整形外科のある病院に行って診察してもらってくださいね。我慢強い性格は良いことかもしれませんが、病気を我慢するのは止めましょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク