病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

ストレートネックが原因となって引き起こされる顎関節症

スポンサーリンク

ストレートネックと顎関節症の関係

顎関節症(がくかんせつしょう)ってご存じですか?顎関節症とは、顎の関節や筋肉に現れる異変の総称になります。

そしてこの顎関節症なのですが、ストレートネックと因果関係があると言われているのであります。

実を申しますと、顎関節症とストレートネックは、かなり密接な関係にあるんですね。頚椎がストレートネックになりますと、顎関節症を発症する可能性が出てくるのです。

ストレートネックが原因の顎関節症

顎関節症とストレートネックは、具体的にどのような関係にあるのかと申しますと、ストレートネックになりますと、首の骨の配列がS字状から直線に変化しますので、当たり前のことではありますが、首の角度も変化してしまいます。

そうすると首や肩周辺にある筋肉のバランスが崩れてしまいますので、その影響が顎関節にまで及んで、こちらのバランスまで崩れてしまうのであります。顎関節のバランスが崩れますと、顎関節症を発症することになるわけです。

それでは、実際に顎関節症を発症するとどのような症状現れてくるのでしょうか?

顎関節症の症状

顎関節症を発症すると、下記のような症状が現れてまいります。

・大きく口を開けることができない
・顎に痛みの症状が現れる
・噛み合わせに違和感がある

上記にあげているのは、顎関節症の代表的な症状になりますが、それ以外に現れる可能性のある症状としましては、口を閉じようとしているにもかかわらず、完全に閉じた状態にならないとか、口を開いたり閉じたりする時に音がするなどの症状が現れることもあります。

また、顎関節症の発症で現れてくる症状は、顎周辺だけに限られるわけではありません。身体全体に影響が現れてくることもあるのです。顎関節症は、けっして軽視できる症状ではありません。

もし、これらの症状が現れているようであれば、すでに顎関節症を発症している可能性がありますので、病院に行って診察してもらう必要があります。

さらに言えば、このような症状が現れるということは、ストレートネックの発症も疑ってかかるべきです。

以上のように、顎関節症とストレートネックは非常に密接な関係にあることを認識していただければと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク