病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

スマホネックと呼ばれ若者で急増するストレートネック患者

スポンサーリンク

長時間スマホを操作する人たち

スマホなどと略して呼ばれることが多いスマートフォンですが、日本語で言えば高機能携帯電話ということになります。

そしてこの、高機能携帯電話であるスマホなのですが、さすがに高機能と言われるだけあって様々なことができます。

ある意味、パソコンを必要としないシーンの方が多いかもしれません。そんなことから、それこそ一日中スマホを操作しているような人たちもいます。なにしろ、自転車に乗りながらスマホを操作する交通違反の常習者まで少なからずいますからね。

10~20代の若者の患者が急増中

ところで、このように長時間にわたってスマホを操作することで身体的な異変が発生することがあるのです。その身体的な異変の一つが、ストレートネックと呼ばれる頚椎の障害なのであります。

このストレートネックなのですが、実は10~20代の若者たちの間で発症する患者数が急激に増加しているんですね。

それでは、なぜ長時間にわたってスマホを操作することを毎日続けるとストレートネックになってしまうのでしょうか?

失われていく頚椎の生理的湾曲

頚椎を含む脊椎は、重量のある頭を支える筋肉を補助するサスペンションの役割を果たすためにS字状のカーブになっております。

このS字状のカーブを生理的弯曲と言うのですが、毎日長時間スマホを操作していると、その時の姿勢の問題から生理的湾曲が失われていってしまうのであります。このように、生理的湾曲が失われた状態が、ストレートネックということなんですね。

当然のことながら、生理的弯曲がいきなり消失するわけではありません。スマホの操作も、最初は問題にならないでしょう。しかし、その影響は少しずつ頚椎に及び始めます。

ストレートネックは、少しずつ進行しますので、最初は異変に気がつかないこの方が多いのであります。

同様に危険なパソコンや読書の姿勢

ストレートネックの危険があるのは、スマホだけではありません。同じような姿勢を取ることになる、パソコンの操作や読書もストレートネックになる可能性があります

要するに、前屈みになって長時間の作業をする行為はストレートネックになる危険があるということです。したこのような姿勢での長時間にがいまして、わたる連続作業は控える必要があるということになります。

仕事では、やむを得ない場合もあるかもしれませんが、少なくとも休憩を挟みながら行うべきです。そして、スマホの操作は仕事は関係ないはずですから、連続しての操作は止めておきましょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク