病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

口呼吸が原因となって引き起こされるいびきと口臭

スポンサーリンク

いびきの原因となる口呼吸

いびきの一番の原因と言いますと、これはもう何と言っても肥満をあげることができるでしょう。

しかしながら、いびきの原因はそれだけではありません。肥満ほどではないにしても、いびきの原因として多いのは口呼吸なのです。

※口呼吸が原因のいびきにつきましては、こちらをご参照ください。
>>肥満や口呼吸など様々にあるいびきの原因<<

そもそものお話、いびきをかくということは口呼吸をしていることでもあるんですね。そしてこの口呼吸というのは、実は口臭の原因にもなるのであります。そんなことから、いびきで悩まされいる方の中では、口臭にも同時に悩まされているケースは少なくないのです。

それでは、なぜ口呼吸の人は口臭が発生してしまうのでしょうか?

口呼吸が原因となって発生する口臭

前述した通り、いびきをかく人は口呼吸になっています。口で呼吸をすると、当たり前のことではありますが、口の中を空気が出入りすることから、口の中にある唾液が乾燥して少なくなってしまうんですね。

口の中を潤している唾液には、雑菌の増殖を抑える働きがあります。ところが、口呼吸することにより口の中が乾燥そうして唾液の量が減ってしまいますと、雑菌がドンドン増殖するわけです。

口の中で雑菌が増えてしまいますと、食べ物の磨き残しを分解する量も増えて臭いガスを発生させてしまうわけであります。これが、口呼吸による口臭発生のメカニズムなのです。

鼻呼吸に切り替えましょう

口臭対策には、色々な方法がありますが、それらのことをあれこれ実行したにもかかわらず、思ったような効果を得られない方で、もし、いびきをかいているということであれば、口呼吸が原因で口臭が発生しているのかもしれません。

そんな方は、いびきを改善するためにも、そして口臭を改善するためにも、口呼吸から鼻呼吸へと切り替える努力をするべきです。要するに、鼻呼吸で生活する、あるいは就寝時に鼻呼吸をしながら眠りにつくように習慣化するということですね。

口呼吸から鼻呼吸へと切り替えるということは、いびきと口臭を改善できるだけではなく、健康面から考えましても良い効果を得ることができますし、そもそも病気にかかりづらくなるのです。

実際に、いびきを治療の末治すことに成功した方たちというのは、口臭も改善されたというケースが非常に多いんですね。

呼吸の方法を変えるということは慣れるまで大変かもしれませんが、いびきや口臭を改善すためには非常に大切なことなのであります。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク