病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

不妊治療で妊娠する確率が高くなる高度生殖医療の顕微授精

スポンサーリンク

高度生殖医療の体外受精と顕微授精

不妊治療における高度生殖医療の一つに、“体外受精”という方法があります。

この体外受精という言葉であれば、おそらく多くの方がご存知のことと思います。

そして、高度生殖医療にはもう一つ“顕微授精”という方法があります。こちらの顕微授精につきましては、もしかしたらご存知ない人の方が多いかもしれませんね。

高度生殖医療の体外受精にしても、顕微授精にしても不妊治療の方法としましては同じようなイメージがありますが、実際に行わえる治療の内容ということになりますと、若干の違いがあります。

それでは具体的に、体外受精と顕微授精を比較した場合、何が違うのでしょうか?

体外受精と顕微授精の相違点

体外受精の実施にあたっては、女性の体内から採取した一つの卵子に対しまして、男性から採取した精子は5万以上もの数で持って一緒にすることで自然に受精するのを待つことになります。

一方、顕微授精では一つの卵子に対する精子の数も一つということになります。体外受精より一歩進んだ顕微授精では一つに精子を直接卵子に注入して受精を待つわけです。

このような顕微授精は、別名でICSI(イクシー)と呼ばれておりまして、今一般的に行われている顕微授精といいますとこのICSIを指しています。

顕微授精では、受精の段階をサポートしてあげるわけですが、その他の流れは一般的に行われている体外受精と変わるところはありません。

高度な技術を要求される顕微授精

高度生殖医療である顕微授精は、無精子症に近い乏精子症は当然のこととして、副睾丸の精子(精巣上体精子)や睾丸の精子(精巣精子)、そして凍結された精子というケースでも受精を可能としているのであります。

ということで顕微授精は、非常に優れた高度生殖医療ではあるのですが、その一方で病院や医師には非常に高度な技術が要求されるのです。したがって、技術力のある病院とそうでない病院とでは、妊娠できる確率に差が出てしまうのです。

そんなことから顕微授精は、技術力のある病院に不妊治療をお願いする必要があるわけです。

体外受精や顕微授精という医療技術は、驚きの早さで進歩してまいりました。その結果、体外受精や顕微授精で妊娠に成功して出産に至るケースは、非常に多いわけでありまして、今後はさらに増加傾向を見せると思われます。

今の時代、不妊症の治療には高度生殖医療の顕微授精は頼りになる治療の方法と言えるでしょう。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク