病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

不妊治療専門の病院で治療を受けた経験のある有名人

スポンサーリンク

有名人にもいる不妊症の患者さん

不妊症は何も、一般の人に限られて問題というわけではありません。例え芸能人やスポーツ選手のような有名人だって、不妊症に悩まされる方はいらっしゃいます。

なにしろ不妊症は、10組に1組の夫婦が不妊症に悩まされているということですから、有名人で不妊症に悩まされている方は、たくさん存在することになります。

それでは具体的に、不妊症の治療を受けたことのある有名人はどのような方たちなのでしょうか?

不妊症治療の経験がある有名人

不妊症治療の経験がある有名人には、下記のような方たちがいらっしゃいます。

【スポーツ選手】
・井岡弘樹
・ジャガー横田
・伊達公子(クルム伊達)
・東尾理子

【芸能人】
・インリン
・香坂みゆき
・陣内貴美子
・千堂あきほ
・西村知美
・山瀬まみ
・山本モナ

以上の方たちは、不妊治療を受けた経験を持っているということです。

有名なお話ではないのかもしれませんが、ボクシング元世界チャンピオンでに階級制覇の実績を持っている井岡弘樹さんは、男性不妊であるということをカミングアウトしたという過去があります

井岡弘樹さんの場合は、夫婦でご一緒に不妊治療を受けたというお話でした。

上記の中でも特に有名なのは、東尾理子さんと山本モナさんと言ってよいかもしれませんね。おふたりとも、不妊治療を受けていることをカミングアウトされています。

また、東尾理子さんの不妊治療は35歳からと高齢出産も絡み、2012年6月ブログで、子供がダウン症候群の可能性のあることを綴って反響を呼んでいましたね。ただし、生まれてきたのは子にはダウン症候群は見られなかったということです。

有名人の不妊治療に励まされる人達

不妊治療と言いますと、なんだかマイナスのイメージがあるような風潮があって、周りの人間から偏見の目で見られてしまうことがあったりします。そんな中、有名人が不妊治療のことをカミングアウトしてくれると、今現在不妊治療が進行形の方は大きな励ましとなるはずです。

不妊の発生率は10%もあるわけですから、人数から考えた場合、非常に多くの方を悩ます問題でもあります。不妊治療に負い目を感じるいわれはないのです。

不妊治療の結果、子の誕生という喜びを迎えた有名人は少なくありません。諦めずに治療を続けた結果、子を授かったという方はたくさんいらっしゃいます。

諦めたら、そこで試合は終了してしまいますから、挫けずに治療を続けて喜びの瞬間を迎えていただければと思います。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク