病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

なかなか妊娠しない時に実行したい不妊に効くおまじない

スポンサーリンク

あなたはおまじないを信じますか?

まぁ~、おまじないのことですから、話半分をはるかに下回る程度のこととしてお読みいただければと思います。

ただ、それでも気は持ちようとも言いますから、信じて実行すると御利益があるかもしれませんね。

妊娠を望みながらもなかなか妊娠しない時、人は色々なことに頼ろうとするものです。日本人の場合、その代表的なものが神社などにお願いする子宝祈願ということになるでしょう。“子授御守”なども同じですよね。

ということで、おまじないについても、仮に実行するのであれば信じてやってみてはいかがでしょうか?

不妊に効くおまじないのやり方

不妊に効くと言われるおまじないには、下記のようなものがあります。

・赤ちゃんの画像をスマホに保存する
・一人目の子供を可愛がる
・家を掃除する
・のれんをくぐる

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・赤ちゃんの画像をスマホに保存する・・・可愛らしい赤ちゃんの画像をスマホや携帯などに保存しておきましょう。赤ちゃんの画像をいつでも見られるようにしておくことで、赤ちゃんが生まれた時のことをイメージすることができます。

母性本能が刺激されて、妊娠しやすい体質にしてくれる可能性があります

・一人目の子供を可愛がる・・・これは二人目の子どもがなかなかできない二人目不妊の方が対象となりますが、一人目の子どもを思いっきり可愛がってあげてください。

もちろん、可愛がることと甘やかすことは違いますから誤解のないようにお願いします。一人目の子どもを可愛がるという行為は、不妊の悩みから気持ちがそれますので妊娠しやすい体になれるかもしれません

不妊のプレッシャーは、心から余裕を奪ってストレスになってしまいますからね。

・家を掃除する・・・家が汚れていたりしますと、運気が逃げると言われておりますので、常にキレイな環境で生活できるようにしましょう。

また、掃除をするということは適度な運動になりますし、自律神経を整える効果も期待できますので、妊娠しやすい体に変えることができるかもしれません。

掃除をするという行為は、うつ病の治療でも積極的にやりましょうと言われているくらいですからね。

・のれんをくぐる・・・もしかしたら、ご自宅にのれんというものがないご家庭もあるかもしれませんね。そんな時は、のれんがあるお店を意識してくぐるとよいでしょう。

どういう意味か私にも分かりませんが、昔からのれんをくぐると妊娠しやすくなるという言い伝えがあるそうです。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク