病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

肉類は腎臓に良い食べ物です

スポンサーリンク

>>腎臓に良い食べ物とは?<<からの続きです。

腎臓に悪い食べ物

食べ物の中には、腎臓に良い食べ物とは言えませんが、むしろ腎臓に悪い食べ物に分類されることになりながらも、利便性の面から見ますと、現代の日本人は相当重宝されている食べ物があります。

例を挙げるとすれば、外食の代表選手のようなもので、あまり健康を考えた上ではよろしくなファーストフードや、非常に便利なコンビニエンスストアなどの惣菜屋インスタント食品、あるいはレトルト食品などで食事を済ませてしまうことも少なくないのではありませんか?

さらには、カップ麺などで済ませてしまうケースもあるでしょう。

また、間食が習慣になっていて、スナック菓子などの濃い味に慣れてしまって、薄味では満足できなくなり、余分な塩分を摂取してしまう方もたくさんいらっしゃいます。


そういった場合には、利尿作用を持っているハト麦を摂取すると、浮腫みの予防にもなります。また、腎臓機能の向上を期待することができるのです。

腎臓に効果のある栄養素としましては、何よりも良質なタンパク質を上げる必要があります。しかしながら、いくら腎臓に良いとは言え大量に摂取してはいけません。

“過ぎたるは及ばざるが如し”の諺通り、腎臓には逆効果で負担がかかってしまうことになるでしょう。


腎臓機能を向上させる食べ物とは?

腎臓のためを考えますと、質の良いタンパク質を摂取する必要があります。例えば肉類でみた場合、牛肉は避けていただいて、豚肉や鶏肉を食材として使うとよいでしょう。

ところで良質なタンパク質を考えた場合、プロテインがあります。ボディビルダーのように筋肉を強化する人たちに活用されることで知られておりますが、過剰摂取にならない限り、プロテインの使用もOKですね。


さて、前にも述べた通り、腎臓に悪い食べ物やあるいは問題のある摂取方法というのは、要は、塩分の過剰摂取はいけませんということです。仮に食べ物によっては、本人が意識しなくても、食べ物によっては塩分を摂りすぎてしまいますよということです。

そうすると、腎臓のろ過機能が働き過ぎになった結果、腎臓に負担を賭けることになるわけです。腎臓を酷使することは。腎臓の機能低下をまねくことになります。

このような状況においては、利尿作用のある食物は、腎臓に良い効果をもたらすことになるのです。その反対に、利尿作用が正常に働かなくなりますと、体の中に毒素が溜まってしまうんですね。


利尿作用のある食べ物としてよく知られているものには、ハト麦以外には小豆を上げることができます。小豆もハト麦と同様、腎臓病予防効果があるのは、利尿作用によるものです。

小豆の食べ方には工夫は必要ありません。ご飯混ぜることで簡単に食べることができますからね。

利尿作用という条件だけ考えた場合、コーヒーやお茶、ハーブなどでもよいということになります。ただし、これらの飲み物にはカフェインが含まれているのでご注意くださいね。


【腎臓に良い食べ物】
・魚類・・・イワシ、カツオ、ブリ
・貝類・・・シジミ
・肉類・・・鶏肉、豚肉
・豆と雑穀・・・ハト麦、小豆



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク