病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

排卵誘発剤の注射時に痛みを感じる体外受精による不妊治療

スポンサーリンク

体外受精で気になる痛みの問題

なんだかんだと言いましても、不妊治療には痛みがつきものというイメージがありますね。

よく『不妊治療が辛い』とか『不妊治療が痛い』などのコメントを聞きます。

人間って、基本的には痛みにとても弱い生き物ですから、痛みに対する不安な気持ちというのは、どうしても抑えきれないことがありますよね。ましてや、『体外受精は痛い』という噂話に接していたら尚更です。

そして、不妊治療の最後の砦とも言うべき体外受精ですが、やはり、いざ受けるとなると痛みに対する不安な気持ちというのは頭をもたげてくることと思います。それでは、本当に不妊治療の体外受精は痛みを伴うものなのでしょうか?

個人差がある痛みに対する感覚

痛みに対する受け止め方というのは、大きな個人差がありまして、同じ不妊治療を受けてもあまり痛みを感じない人もいれば、大きな苦痛と感じてしまう人もいます。痛みに対して耐性のある人っていますからね。

ただ、そうは言っても現実的には多くの女性が体外受精で『痛みを感じた』とコメントしているわけですから、体外受精という不妊治療には痛みを伴うというのは本当のところでしょう。どうやら、体外受精を受けるのであれば、ある程度の痛みを覚悟した方がよさそうですね。

医療機関の技術力に左右される痛み

痛みの問題は、不妊治療を受ける医療機関の技術力にも左右されることがあります。やはり経験豊富で技術レベルが高いベテラン医師が行うことで痛みを最小限に留めることができます。

その反対に、経験値の低い医師による不妊治療ということになりますと、より強い痛みを感じてしまうかもしれません。体外受精における痛みの問題は、病院の技術力に左右されますので、痛みに不安のある方はできるだけ評判の良いところにお願いするべきですね。

痛みを感じる排卵誘発剤の注射

体外受精では、卵子を採取するために排卵誘発剤を使うことになります。この排卵誘発剤を注射する時に強く痛みを感じる方がいらっしゃいます。この排卵誘発剤の注射という医療行為を乗り切ることができれば、後はそれほど痛みを感じる治療はないでしょう。

もし万が一、痛みのレベルが我慢できないほどのものであれば、全身麻酔を施してもらってから排卵誘発剤の注射を行うという方法もあります。全身麻酔を施してもらえば、痛みを感じることはありませんからね。

もし、痛みに対する不安な気持ちを抑えることができないようであれば、医師に相談する必要がありますね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク