病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

pmsとは何が原因で引き起こされるのでしょうか?

スポンサーリンク

PMSとは、どんな症状のこと?

PMSとは、Pre Menstrual Syndromeを略したもので、日本語で言いますと月経前症候群ということになります。

PMSの症状は、生理が始まる10日から二週間くらい前の時期に表面化してくるのであります。

現れてくる症状としましては、イライラを始めとして腹部の痛みや頭痛、そして眠気などの心身ともに色々なものがあります。ただ、これらの症状は生理の開始とともに解消されたり、あるいは改善されたりするという特徴があります。

生理が始まると、2~3日目あたりが痛みのピークとなりますが、この痛みはPMSではなく、生理痛、あるいは月経困難症と呼ばれるものです。

それでは、なぜこのようなPMSの症状が現れてくるのでしょうか?

PMSの症状が現れる原因

PMSの症状が現れる原因としましては、下記のようなことが考えられます。

・プロゲステロンの影響を受ける
・セロトニンの分泌量が低下する
・ビタミンやミネラルの不足

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・プロゲステロンの影響を受ける・・・女性の体は、生理が近づきますとプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。

プロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれていて、プロゲステロンが分泌されることで女性の体、特に子宮が妊娠しやすいように働きかけます。ところが、女性の体が妊娠しやすくなるその一方で、プロゲステロンの影響を受けてPMSの症状が現れてしまうわけです。

・セロトニンの分泌量が低下する・・・女性の体は、生理が近づきますと卵胞ホルモンの分泌が減少する影響から脳内神経伝達物質であるセロトニンと呼ばれるホルモンの分泌量が低下してしまいます。

セロトニンは、別名“幸せホルモン”とも呼ばれておりまして、セロトニンの分泌量が減ってしまいますと文字通り幸せを感じなくなり、気持ち的にもネガティブ思考が強くなってしまうのです。

うつ病も、セロトニンの分泌量が減少することで発症しますので、PMSもまた、うつ病と似たような症状が現れるのであります。

・ビタミンやミネラルの不足・・・ビタミンやミネラルが不足すると、PMSの症状が現れやすいと言われております。

上記以外にもPMSは、ストレスの蓄積や問題のある生活習慣、そして野菜不足のような栄養が偏っている食生活を送っていますと、症状が強く現れることもあります。したがいまして、PMSの原因となる要素をできるだけ排除するようにしてくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク