病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

pms(月経前症候群)の代表的な治療方法である薬物療法

スポンサーリンク

PMSの主たる治療方法の薬物療法

PMS(月経前症候群)対策には、民間療法も含めれ様々な治療の方法があります。

それでも、やはり代表的な治療方法ということになりますと、薬物療法になるでしょう。

当然のことならが、PMS(月経前症候群)にも個人差がありますので、症状が軽い方のケースでは薬を使うことなく治療することができます。しかし、病院に行くほど症状が酷いようであれば、専門の医師によって薬を処方されるになるでしょう。

それでは具体的に、PMS(月経前症候群)の薬物療法で使われる薬にはどのようなものがあるのでしょうか?

PMSの薬物療法で使う抗うつ剤

PMS(月経前症候群)の薬物療法で使われる薬としましては、抗うつ薬や抗不安剤などがあります。PMS(月経前症候群)は、セロトニンの分泌量が不足することから、同じくセロトニンの分泌量がへってしまう、うつ病と同じような症状が現れることがあります。

そうすると、日々の生活にまで支障が出てしまうこともありますので、このようなケースでは抗うつ剤が処方されることになるでしょう。セロトニンというのは、神経の伝達で使わないで残ったものは再取込されて脳の中からなくなってしまいます。

そこで、選択的セロトニン再取り込み阻害薬のような抗うつ剤を服用することで、セロトニンが取り込まれるのを防ぎ、脳の中にセロトニンの量が増えるようにすることで、うつ病やPMSのメンタルな症状を改善することができるわけですね。

ただし、抗うつ剤には副作用の現れることがあります。具体的に言いますと、便秘や下痢、そして排尿障害などになります。もし、副作用が強い場合はすぐに主治医と相談してくださいね。

PMSの薬物療法で使う抗不安剤

PMS(月経前症候群)で、イライラや不安な気持ちの襲われているようなケースでは、抗不安剤が使われることもあります。抗不安剤を服用することで、不安な気持ちを緩和して精神を安定させることができますので、イライラを改善することができます

ただし、抗不安剤にも抗うつ剤と同じように副作用の現れることがあります。どのような副作用が現れるのかと申しますと、頭痛、睡魔、吐き気、目眩、息切れなどを例としてあげることができます。

ただし、副作用が出るといいましても、安全性が確認されている薬ですので、用量用法を厳守していれば、それほど問題となることはないでしょう。

ちなみに、ビタミン剤を処方する医師もいます。ビタミンの摂取量が少ないと、人間はイライラしますからね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク