病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

タバコの致死性有害化学物質が悪化させるPMSの症状

スポンサーリンク

タバコが悪化させるPMSの症状

タバコを吸うという行為は、例えどのような病気であろうとも、良い影響があるはずありません。

タバコを吸うということは、ほぼ全ての病気を悪化させてしまうと考えて良いのではないでしょうか?

なにしろタバコの煙には、およそ200種類もの致死性有害物質と60種類もの発がん性物質が含まれていますので健康な人であっても、その害を受けてしうでしょう。それなのに、PMSでお悩みの方がタバコを吸ったら、症状が悪化して当然のことですね。

“百害あって一利なし”という言葉は、まさにタバコのためにあると言ってよいでしょう。

それでは具体的に、タバコがPMSの人に及ぼす害にはどのようなものがあるのでしょうか?

タバコが人の体に与える影響

タバコが人の体に与える影響で、最もよく知られている害の一つに血液の流れを悪化させるというものがあります。血液循環の悪化は、ホルモンのバランスを崩すことになります。

ただでさえPMSになるということは、女性ホルモンのバランスが崩れているわけですから、それをさらに酷いものにしてしまうでしょう。女性の方は、タバコを吸うことで大切なお肌にも悪影響がありますので、絶対に吸わないでくださいね。

また、前述した通り、200種類の致死性有害物質ですが、これはタバコの煙に含まれております。したがいまして、ご自身が禁煙するだけではなく、受動喫煙にもご注意いただきたいと思います。

PMSでお悩みの方は、タバコの煙が靄っているような場所は避けるようにしましょう。もちろん、タバコを吸っている人の近くに寄ってはいけません。

タバコで高まる発がんのリスク

タバコを吸うという行為は、人間に何のメリットもありません。時折、タバコは精神的なストレスを瞬間で発散することができると主張する人もいます。しかし、そのストレス発散の効果も長いスパンで見れば人間の精神も蝕むことになります。

これは、医学的にも証明されていることです。

そして、タバコが人間の体に与える悪影響ということになりますと、下記のような弊害があります。

・血液循環の悪化
・肌荒れ
・頭痛
・肩こり
・薄毛
・体臭

そして、一番の問題は発がん物質が60種類も含まれているということです。タバコを吸うということは、発がんのリスクを大きく高めてしまいます。

ということで、PMSにお悩みの方でタバコを吸っている方は、絶対に止めるようにしてくださいね。もし、個人の努力では難しいようであれば、タバコ外来に行くことをおすすめします。今は、禁煙のための治療は健康保険が適用となりますからね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク