病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

pmsには効果があるものの副作用の恐れがあるピル

スポンサーリンク

PMSの酷い症状を抑えられるピル

PMSの症状と言いますと、酷い方になると日常生活にも大きく支障が出てしまうことがあります。

そんな時、PMSの酷い症状を抑えるために、抜群の効果を発揮する薬として、避妊薬として知られているピルが使われることがあるのです。

低用量のピルを日常的に服用することで、例え酷いPMSの症状であってもコントロールすることが可能なのであります。

ピルを服用することで、女性ホルモンが分泌量を減らすことになります。女性ホルモンの分泌量が減りますと、排卵が止まります。もともとPMSは、排卵によって引き起こされる症状ですので、排卵が止まるということはPMSの症状も現れないということになります。

ただし、ピルの服用でPMSの症状が消えたとしても、今度はピルの持つ副作用に悩まされてしまう方がいらっしゃるんですね。

それでは具体的に、ピルを服用して時に現れる可能性がある副作用には、どのようなものがあるのでしょうか?

ピルの服用で考えられる副作用

ピルの服用で現れる副作用には、下記のようなことが考えられます。

・妊娠しない
・吐き気
・倦怠感
・浮腫み

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・妊娠しない・・・ピルという薬は、排卵を止めることでPMSの症状が現れないように死エチルわけです。当たり前のことではありますが、排卵が止まれば妊娠することはありません。したがいまして、もし赤ちゃんが授かることを希望しているのであれば、服用してはいけません。

・吐き気/倦怠感・・・ピルを服用することで、女性ホルモンの分泌量が減ることになりますが、女性の体は、まだこのようなホルモンの環境に慣れていません。

今までのホルモン環境からの急激な変化に体がついていかないことから、吐き気や倦怠感とという症状が現れることがあるのです。

・浮腫み・・・女性の体は、月経の前に浮腫みの出る方は少なからずいらっしゃいます。ピルルは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを合体させたような薬剤で、この薬を服用することで、排卵期から月経前の状態を人為的に作ることになります。

そしてこの状態は、妊娠している状態と同じ体内環境になります。言ってみれば、ピルを服用することで人為的に妊娠している体内環境にしてしまうんですね。これが、ピルで避妊できるメカニズムになるわけです。

ところが、エストロゲンという女性ホルモンは、月経前の浮腫みができやすい体内環境とおなじになってしまうんですね。そんなことから、ピルを服用すると、浮腫みという症状が出てしまう方がいらっしゃるのであります。

上記で説明している副作用が、全ての女性に現れるわけではありません。しかし、副作用があまりにも酷いということであれば、主治医と相談してくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク