病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

勘違いしやすい症状が似ているpmsと妊娠初期の違い

スポンサーリンク

症状が似ているPMSと妊娠初期

PMS(月経前症候群)の代表的な症状に吐き気があります。そして、妊娠初期の代表的な症状にも吐き気があります。

その他にも、PMS(月経前症候群)と妊娠初期には、かなり似たような症状が現れたりするのであります。

そんなことから、PMS(月経前症候群)と妊娠初期を勘違いするケースが少なくないんですね。ここは一つ、PMSと妊娠初期の違いをハッキリとさせておいた方が良いように思います。

それでは具体的に、PMS(月経前症候群)と妊娠初期の症状で違う点としましてはどのようなものがあるのでしょうか?

PMSと妊娠初期の違いとは?

PMS(月経前症候群)と妊娠初期の最も大きな違いは、生理の予定日が近くなってからの症状になります。PMSの症状というのは、生理の予定日が接近すれば接近するほど良くなってまいります。ところが妊娠している場合は、生理の予定日が接近することで症状が悪化してしまいます。

また、PMS(月経前症候群)と妊娠では、その他の症状にも違いはみられます。具体的に言いますと、PMSでは、吐き気、頭痛、腰痛、腹痛、肩こり、倦怠感、めまい、胸の張り、熱っぽいなどの症状が現れます。

ところが、妊娠した場合は「頭痛」「腰痛」「肩こり」「めまい」などの症状が現れることはほとんどありません。

また、PMSでは集中力が低下してしまうことがありますが、妊娠したからといってそれほど集中力が低下することもないでしょう。

PMSは、身体的な面でも精神的な面でも妊娠よりは、うつ病に似ている症状が現れてまいります。精神的に酷く落ち込むようであれば、うつ病かPMSを疑った方がいいかもしれませんね。

以上のように、PMSと妊娠初期には違いがありますが、もしハッキリとわからない場合は、年を入れるためにも専門の病院に行って相談するべきでしょう。もし本当に妊娠しているのであれば、今まで以上に体を大切に守る必要がありますからね。

万が一のことがあってはいけません。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク