病気のことでお悩みの方のために、色々な病の情報を掲載しています。あなたが抱えている問題の解決策が見つかるかもしれませんよ!

自分で治したり症状を軽減することができるpms

スポンサーリンク

自分で軽減できるPMSの症状

PMS(月経前症候群)は、自分で治したり、あるいは症状を軽減させたりすることができます。

もちろん、全ての女性ができるなどと安請け合いをするわけではありません。

PMS(月経前症候群)の症状が、極度に酷いようであればためらったり、無理矢理我慢する必要はありません。すぐに病院に行って治療を受けるようにしてくださいね。PMS(月経前症候群)の症状には、大きな個人差があります。

そして、PMS(月経前症候群)の症状を自分で治したり軽減したりする方法なのですが、具体的にどのようなことを実行すればよいのでしょうか?

自分でできるPMS対策とは?

PMS(月経前症候群)の症状を自分で治したり軽減したりする具体的な方法は、下記のようなことを実行するとよいでしょう。

・食生活を改善する
・ストレスを溜め込まないこと
・有酸素運動を実行する

それでは、個々に見ていくことにしましょう。

・食生活を改善する・・・問題がある食生活というのは、健康面に大きな悪影響を与えてしまいます。ましてやPMS(月経前症候群)でお悩みということであれば尚更症状を悪化させることになるでしょう。

PMS(月経前症候群)の症状を改善させるためには、栄養のバランスが崩れた偏った食生活を送っていてはいけません。できるだけ多くの食材から広く栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

特に積極的に食材として使うべきものは、「緑黄色野菜」「大豆製品」「海藻類」などがあげられます。また、不足している栄養素は、サプリメントから補給してあげることも有効であると言えます。

・ストレスを溜め込まないこと・・・PMS(月経前症候群)の原因の一つに脳内神経伝達物質であるセロトニンが、脳の中で不足するというものがあります。ストレスが蓄積されますと、セロトニンの分泌量が減少してしまうんですね。

その結果、PMS(月経前症候群)の症状が悪化することになるのです。したがいまして、できるだけストレスを溜め込まない工夫をしましょう。ちなみに、今女性たちの間では、ストレスを解消する方法としてアロマが大人気となっております。

・有酸素運動を実行する・・・ウォーキングを代表とする有酸素運動は、セロトニンの分泌を促進する効果があります。有酸素運動は、ストレスの発散にもなりますので、PMS(月経前症候群)の症状を改善するためには非常に効果がある方法と言えます。

セロトニンは、抗うつ剤などの服用で脳の中のセロトニンの量を増やすことができますが、副作用を伴ってしまいます。ウォーキングのような有酸素運動であれば、副作用もありませんので、PMS(月経前症候群)でお悩みの方はぜひ実行してみてくださいね。



スポンサーリンク


関連記事

新着記事

スポンサーリンク